安全運転

Q 雨の日の見落とし事故を防止するポイントはなんですか?
雨天時の事故でもっとも多い形態はスリップ事故ですが、夜間はさらに視界が悪くなることから、昼間よりも事故の発生確率が高まります。事故類型別で見ると、人対車両の事故件数における約90%で、歩行者や自転車利用者の発見や遅れが何らかの事故原因となっ...

続きを読む

Q ジャンクションから本線合流時の注意点
 加速車線から高速道路本線へと合流するときは、加速車線を最大限に利用して素早く加速することが大切です。本線のクルマとぶつかりそうで怖いという気持ちが先に立ち加速をためらうと、かえって危険な状況を招きます。加速車線を使い切る気持ちで、しっかり...

続きを読む

Q シートベルトやチャイルドシートはどのくらい有効なのですか?
シートベルトを装着しているか、装着していないか……。これは交通事故での生死を分ける境目です。非着用者の致死率は着用者の約15倍にも上昇します。法律では、自動車の乗車中はシートベルトの着用が義務付けられており、後部座席も例外ではありません。後...

続きを読む

Q お酒を飲んで運転するとなぜ危険なのですか?
飲酒運転は、ビールや日本酒などの酒類や、アルコールを含む飲食物を摂取したまま運転する行為です。なぜ、アルコールを体内に保有したまま運転するのが危険かというと、アルコールには、麻痺作用があるからです。一般的にいう、酔うという状態は、理性や判断...

続きを読む

Q 運転中の「ながらスマホ」で事故が起きるのはどうして?
 クルマまたはバイクの運転中におけるスマートフォンや携帯電話の使用、いわゆる「ながらスマホ」について、「前を向いているから大丈夫」「ちょっと画面を見るぐらいなら大丈夫」などと考えて、運転中に交通事故を招いているケースがあります。

続きを読む

Q レンタカーを運転する際に気をつけたいことは何ですか?
 レンタカーなどの慣れないクルマを運転するときは、マイカーとの車両感覚の違いに注意しましょう。普段乗るクルマよりもボディサイズが大きいクルマを借りるときは、とくに注意が必要です。レンタカーを借りたときは、すぐにクルマへ乗り込まず、クルマの外...

続きを読む

Q 狭い道路を走るときの注意点と、対向車とのすれ違い方は?
交通安全白書(内閣府)では、生活道路を「市街地における車道幅員5.5m未満の道路」と定義しています。住宅街にはセンターラインがない道幅5.5m未満の狭い道路もあり、運転に自信のない人は対向車とのすれ違いで緊張してしまうかもしれません。

続きを読む

Q レンタカーの予約時と返却時の注意点とは?
カーナビやETC車載器などの装備だけでなく、レンタカーの予約時にはオプション装備の確認も大切です。雪道を走る可能性があれば、スタッドレスタイヤ装着車か、タイヤチェーンやスキーキャリアなどが予約できるかも確かめておきましょう。
...

続きを読む

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ