Q 高速道路で逆走車に遭遇した際の対処方法は?

POINT

  • 逆走は高速道路の本線上やICで多く発生し高齢者の割合が高い。
  • もし逆走したら速やかに路肩に停止して道路管理者に通報する。
  • 基本走行を心がけ逆走車と遭遇する確率を減らすことが重要。

Answer

逆走が起こる背景
逆走が起こる背景

逆走は高速道路や自動車専用道路のインターチェンジやジャンクションで多く発生しています。NEXCO西日本管内で逆走原因が把握できた事例(平成23~28年)について見ると約6割がこの2箇所で起っています。逆走は重大な死傷事故につながることもあります。また、逆走したドライバーの年齢については75歳以上が約45%、次いで65~75歳未満が22%を占める等、総じて高齢者の割合が高いのが特徴です。最近は高齢ドライバーが増加していることから、より深刻な問題となっています。

逆走される側の視点、逆走車が来たときの運転者の対処方法
逆走される側の視点、逆走車が来たときの運転者の対処方法

順行車と逆走車の速度が合算されるため、逆走車を確認してから近づくまでの時間が極端に短いのが特徴です。大型車などによって、前方の見通しが悪い場合、突然逆走車が目の前に現われる可能性もあります。よって、逆走車を発見したら、瞬間的な判断が求められます。高速走行時の急激なハンドル操作は、スピンや転倒に加え周囲のクルマとの接触などの危険もあります。逆走車両だけでなく、落下物や故障車両等、様々なことが起きる可能性を想定した防衛運転を心掛けるとともに、緊急時に最善の操作を行うことが出来るよう日ごろから正しい乗車姿勢を身につけておくことも重要です。また何よりも逆走車と遭遇する確率を減らすことが重要ですので、追い越し車線は追い越し時のみに走行するという基本走行を心がけましょう。

逆走が起きないようにするための道路管理者の取り組み
逆走が起きないようにするための道路管理者の取り組み

インターチェンジやサービスエリアに進入禁止を示す標識の設置や、路面に進行方向を示す矢印を入れるなどして、ドライバーに正しい方向を促すようにしています。また逆走車が通過した場合、逆走を警告する「逆走防止装置」の設置も進んでいます。高速道路本線上の情報板にも、前方に逆走車がいることが示されるようになっていますので、表示には注意を払うようにしましょう。

2014年04月現在

JAFが再現 逆走車の恐怖!!
JAFが再現、逆走車の恐怖 本線走行時の遭遇
このQ&Aは役に立ちましたか?

掲載を希望される項目がありましたら、こちらからご連絡ください。

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ