Q 中央分離帯がない高速道路を走るときの注意点

POINT

  • 縁石など簡単な仕切りで車線を突破すると、重大事故になりやすい。
  • 速度超過に注意して、片側2車線以上の道路と同じ感覚で走らない。
  • 中央分離帯など遮る物がなければ、適宜下向きヘッドライトにする。

Answer

中央分離帯がない高速道路は多いのか?
中央分離帯がない高速道路は多いのか?

高速道路や自動車専用道路は一般的に、中央分離帯で上下線が区切られ、片側2車線以上で構成されています。しかし、交通量が少ないなどの理由から、暫定的に片側1車線ずつの2車線で使用されている区間があります。
中央分離帯を設けていないことから「非分離車線区間」、上下線が隣り合っている場所では「対面通行区間」などとも呼ばれています。
会計検査院の調査によると、暫定2車線道路は全国に約2424kmあり、そのうち7割に当たる約1752kmは樹脂製のポールや縁石ブロックで簡易的に車線を区切っただけの対面通行になっています(2015年度末現在)。2005年から2014年までの10年間に、こうした区間で走行中の車両が対向車線へはみ出した(飛び出した)事故は2208件発生しました。このうち人身事故は677件で、119人が死亡、1281人が負傷しています。このなかで相手が前方不注意により反対車線に突破して対向車と正面衝突した「もらい事故」で死亡したのは28人になります。
これらの調査結果により、防護柵などを備えた中央分離帯の重要性が改めて確認されました。会計検査院では国土交通省や高速道路を管理している各社に対して中央分離帯の安全対策を検討するように提言しています。一部の区間では4車線化も進んでいます。

事故が発生すると重大事故になりやすい?
事故が発生すると重大事故になりやすい?

暫定2車線道路の事故発生時の天気を会計検査院が調査したところ、雪が降っていたり、路面が凍結するような気象条件で重傷・死亡事故が多く起こっていました。しかし、路面が乾いた晴れた日でも重大事故が発生しています。主な原因はスピードの出し過ぎです。
高速道路は、制限速度が80km/hや100km/hに設定されています。これに対して暫定2車線道路では、原則的に70km/h以下となっています。片側2車線以上の高速道路と同じ感覚で走っていると、制限速度を超えてしまうかもしれません。速度超過はハンドル操作のミスやスリップを引き起こす要因にもなります。たとえ見通しがよい道路でも、制限速度を順守して、スピードの出し過ぎには注意しましょう。
事故や故障車の影響で、渋滞が起こりやすいのも暫定2車線道路の特徴です。事故に遭わないようにするには前方を走るクルマに注意をはらい、速度に応じた適切な車間距離を保つことが大切です。また、夜間の走行では、ヘッドライトの照射方向にも気をつけましょう。中央分離帯がない対面通行区間では光を遮る物がなく、ハイビームのままでは対向車のドライバーがまぶしく感じるかもしれません。対向車の走行の妨げにならないように、状況に応じてヘッドライトを下向きに切り替えましょう。

2016年07月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1クルマのバッテリー上がりと応急処置
  2. 2あおり運転を受けたら、どうすればよいのでしょうか?
  3. 3高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  4. 4運転免許証の有効期間と更新手続きについて教えて
  5. 5車庫証明の取り方を教えてください。
  6. 6エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  7. 7車検の有効期間は何年ですか?
  8. 8走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  9. 9センターラインの白色の破線と実線、黄色の実線でどう違うのですか?
  10. 10タイヤの空気圧点検と充填方法
  11. 11交通違反の点数制度について教えて
  12. 12警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  13. 13最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  14. 14フロントガラスが曇る原因と、その対処法は?
  15. 15クルマの持ち主が死亡した場合、どういう手続きが必要ですか?
  16. 16エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  17. 17信号機のない横断歩道での交通ルールとは?
  18. 18オーバーヒートしたと感じたらどうすればいいのですか?
  19. 19セルフスタンドでの給油の注意点について
  20. 20晴天下(炎天下)のクルマの室内はどのくらい温度が高くなりますか? 夏編

このページのトップへ