Q 高速道路を走る前にチェックしておきたい点検ポイントとは?

POINT

  • 燃料や冷却水、エンジンオイル、タイヤ空気圧など7項目を点検。
  • 積み荷の不具合を修正して転落や飛散を防ぎ、停止表示器材を準備。
  • 休息を入れた無理のない計画を立て、目的地までの交通情報を入手。

Answer

高速道路を走行するときには、一般道と意識を変え、事前に何点か確認しておくべきことがあります。まず、車両のトラブルによって高速道路上で停止するようなことがないように、

1:燃料の量は十分か
2:冷却水の量は規定の範囲内か
3:ラジエーターキャップは確実に閉まっているか
4:エンジンオイルの量は適当か
5:ファンベルトの張り具合は適当か、また、損傷はないか
6:タイヤの空気圧は適当か(高速道路を走行する際には、取扱説明書などに従い空気圧をやや高めに設定します)
7:タイヤの溝の深さは十分か

以上の7項目を点検します。

さらに、高速で走行していると、荷物が転落、飛散しやすくなります。あらかじめ荷物の状態を確認し、不具合があれば、積み直すなどの措置を取る必要があります。

高速道路上で、万が一、故障によって停止するときは、停止表示器材を路面上に置かなくてはなりません。そのため、事前に停止表示器材も準備しておく必要があります(TSマークの付いたものが望ましい)。そして、ドライバーの準備も不可欠です。長時間の連続走行は、疲労によって注意力が低下してしまいます。適当な休息時間を考慮した計画が必要となります。また、大雨や霧、雪などの悪天候時には、インターチェンジが閉鎖されていたり、高速道路が通行止めになることもあります。渋滞情報と合わせ、目的地までの交通情報にも気を配っておくと、ゆとりのあるドライブができます。

写真:ロードサービスカー

高速道路を使って長距離ドライブに出かけるような場合は、出発前に 1)燃料計、2)冷却液リザーバータンク、3)ラジエターキャップ、4)エンジンオイルレベルゲージ、5)ファンベルト、6)タイヤの溝と、7)空気圧をチェックしておきましょう。

2013年03月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

掲載を希望される項目がありましたら、こちらからご連絡ください。

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1高速道路で目的のICを行き過ぎてしまったらどうする?
  2. 2エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  3. 3クルマのバッテリー上がりと応急処置
  4. 4車検の有効期間は何年ですか?
  5. 5異音からトラブルを発見するには?
  6. 6高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  7. 7警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  8. 8タイヤの空気圧点検と充填方法
  9. 9ナンバープレートの表記・文字は何を意味しているのですか?
  10. 10走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  11. 11最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  12. 12チャイルドシートは何歳まで装着すればいいのですか?
  13. 13エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  14. 14高速道路で事故や故障が発生したらどうすればいいのですか?
  15. 15FF、FR、4WD…駆動方式の違いについて知りたい
  16. 16夜間走行時のヘッドライトはハイビームが基本?
  17. 17自賠責保険の名義変更はどうすればよいのですか?
  18. 18クルマが冠水・浸水してしまったら?
  19. 19晴天下のクルマの室内はどのくらい温度が高くなりますか? 夏編
  20. 20渋滞を避けるポイントとは?

このページのトップへ