Q 海外ドライブに必要な国際運転免許証とは?

POINT

  • 日本の運転免許があれば、簡単な手続きで国際運転免許証が取得可能。
  • 日本の免許証と同時携帯で有効となり、旅先では両方を忘れずに持参。
  • 有効期間は発効日から1年間だが、期間内でも効力を失う場合がある。

Answer

国際運転免許証(国外免許証)とは、1949年にジュネーブにおいて締結された「道路交通に関する条約」(ジュネーブ条約)に基づいて申請者の住所地の公安委員会が発行するもので、条約加盟国が相互にそれぞれの国で発行された国際免許を認め合うものです。日本の運転免許があれば、簡単な手続きで誰でも国際運転免許証が取得可能ですが、免許停止中の人には発行されません。

また国際運転免許証の有効期間は発効日から1年間ですが、その基となった国内の免許が失効し、又は取り消されたときは、国際運転免許証の有効期間内であってもその効力を失います。

国際運転免許証は、日本の運転免許証と一緒に携帯することによって有効となるので、旅行先には日本の免許証も持っていくことを忘れないでください。なお国際運転免許証申請時に必要な書類は、以下になります。

1:国外免許証交付申請書
2:外国に渡航することを証明する書類(パスポートや航空チケットなど)
3:現在交付されている免許証
4:免許証用写真( 申請前6ヵ月以内に撮影した無帽、正面、無背景で、胸から上が写っているもの(大きさ5.0×4.0cm)

申請場所や受付時間、申請に必要な書類、手数料等の詳細は各都道府県警察の運転免許センター等にお問い合わせください。

見本:国際運転免許証

2013年03月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ