Q 自分のクルマで海外旅行する際に必要なカルネとは?

POINT

  • 国際旅行発展を目的に、車の一時輸入の通関手続きを簡素化する書類。
  • カルネで一時輸入された車は、その国での登録は不要で外国を走れる。
  • 車両の日本通関予定日より1ヵ月以上前に、JAFの8支部に申請する。

Answer

自動車カルネとは(正式名"AIT/FIA Carnet de Passages en Douane")、国際旅行の発展を目的とした「自家用自動車の一時輪入に関する通関条約」に基づいて発行される書類で、自家用自動車(含自動二輪)の一時輸入の通関手続を簡素化する書類です。通常、日本で登録されている自動車を外国に持ち込んで走行するには、関税(輸入税)を支払って通関し、さらにその自動車を新たにその国で登録しなければなりません。

しかしカルネによって一時輸入された自動車は、その国に登録する必要はなく、日本登録のままで外国を走行することができます。ただしカルネの有効期間は発給から最長1年間となっていますので、その期限内までに必ず日本に持ち帰る必要があります。

カルネを利用できる条件は、1:車両が日本で登録されており、車検が切れていないこと、2:必ず日本に持ちかえること、3:カルネ名義人本人が海外へ渡航すること、4:滞在国がカルネを利用できる国または地域であること、5:滞在国への持ち込み期間がその国が定めた制限を超えないこととなっています。

申請はJAF札幌・宮城・東京・愛知・大阪・広島・香川・福岡の8支部で行っており、申請期間は通常2週間程度ですが、国際ナンバープレートの作成期間を考え、車両の日本通関予定日より1ヵ月以上前に申請してください。またカルネの利用方法や申込手続きなど詳細については、JAFカルネ担当窓口までお問い合わせください。

2013年03月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ