Q ワンちゃんをクルマに乗せるときの注意点は?

POINT

  • 車内を歩き回らないように、犬を固定したケージなどに入れておく。
  • 熱中症や脱水症状の危険があるので、高温の車内に犬を放置しない。
  • 長距離ドライブでは、最低2時間に1回程度の休憩を犬にも与える。

Answer

ワンちゃんを乗せる時の注意
ワンちゃんを乗せる時の注意

ワンちゃんをクルマに乗せるときの注意点として、自由に車内を歩き回らせないというのが大切です。車内を動ける状態だと、ドライバーの足元に入り込んだりするなど、危険を及ぼすこともあります。また、窓から顔を出していて車外に落ちたり、急ブレーキをかけたら転んだり、ドアを開けたら突然飛び出して事故に遭うなどのトラブルが考えられます。クレートやケージ※などに入れておくようにしましょう。このとき、クレートやケージは車内にしっかり固定しておくことも大切です。
※クレートやケージ/クルマでの移動時に犬や猫などのペットを入れるカゴのこと。ドライブ用に特化したものも販売されています。

車内放置は思わぬトラブルにつながることも
車内放置は思わぬトラブルにつながることも

クルマから離れる際は、絶対ワンちゃんを車内に残さないようにしましょう。またキーを外して、ドアのロックを確実にするようにします。ワンちゃんを残し、キーをつけたままにすると、ワンちゃんがドアを引っかいたり、足をかけたりしたときにロックがかかってしまうこともあります。また、気温のさほど高くない春でも日光により車内の温度は50度近くになることもあります。そのような場所にワンちゃんを放置するのは、熱中症や脱水症状を起こしてしまう可能性もあり、先に紹介したようにキーの閉じ込みをしてしまった際には大変危険です。

ドライブ中はワンちゃんにも定期的な休憩が必要
ドライブ中はワンちゃんにも定期的な休憩が必要

ドライバーだけでなく、ワンちゃんにとっても長距離ドライブでは定期的な休憩が必要です。2時間に1回を目安に、休憩を取るようにしましょう。気分をリフレッシュしたり、水を飲んだり、トイレに行くのはワンちゃんにも大切です。高速道路のSA/PAにはドッグランが併設されているところもありますので、活用してみてください。

2014年05月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

掲載を希望される項目がありましたら、こちらからご連絡ください。

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1高速道路で目的のICを行き過ぎてしまったらどうする?
  2. 2クルマのバッテリー上がりと応急処置
  3. 3エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  4. 4ナンバープレートの表記・文字は何を意味しているのですか?
  5. 5車検の有効期間は何年ですか?
  6. 6異音からトラブルを発見するには?
  7. 7走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  8. 8タイヤの空気圧点検と充填方法
  9. 9警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  10. 10最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  11. 11高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  12. 12チャイルドシートは何歳まで装着すればいいのですか?
  13. 13晴天下のクルマの室内はどのくらい温度が高くなりますか? 夏編
  14. 14エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  15. 15FF、FR、4WD…駆動方式の違いについて知りたい
  16. 16渋滞を避けるポイントとは?
  17. 17自賠責保険の名義変更はどうすればよいのですか?
  18. 18交通事故を起こしたら、加害者はどうするべきですか?
  19. 193ナンバー、5ナンバー、軽自動車、諸経費の違いは?
  20. 20夜間走行時のヘッドライトはハイビームが基本?

このページのトップへ