Q ワンちゃんのクルマ酔いを防ぐには、どうすればよいのでしょうか?

POINT

  • ワンちゃんがクルマ酔いをしやすいかをあらかじめ確認しておく。
  • 時間をかけてクルマに慣れさせる方法も効果的。
  • 快適で安全な運転を心がけるとクルマ酔いになりにくい。

Answer

ワンちゃんもクルマ酔いをします
ワンちゃんもクルマ酔いをします

家族の大切な一員であるワンちゃんとクルマで一緒に移動。そんなとき一緒に乗ったワンちゃんがクルマ酔いしてしまうことがあります。ワンちゃんも人間と同様に個体差があり、全く平気というワンちゃんもいれば、クルマ酔いするワンちゃんもいます。いきなりロングドライブに連れて行く前に、ケージやキャリーに入れてクルマに乗せ近場の外出などで様子をみてみましょう。クルマ酔いをしたワンちゃんは、人間と同様に「吐く」こともありますが、「あくびが出る」「そわそわする」「震える」「よだれが出る」などの症状が出る場合もあります。
クルマ酔いの原因はいくつかあります。ひとつは人間と同じように耳の奥にある平衡感覚をつかさどる三半規管がクルマの振動などに影響されて起こる、という体の器官の問題です。一方、慣れないクルマという空間でストレスを感じる、嗅覚に敏感なワンちゃんにとってきついにおいがある、以前クルマに乗ったときのいやな思い出など精神的負担が原因になることもあります。

クルマ酔いをしないために
クルマ酔いをしないために

三半規管への影響を軽減するには、ケージやキャリーに入れてシートベルトで固定すると揺れが少なくなります。クルマに乗ることに慣れていない場合は、まずはクルマを止めた状態で様子を見て、車内の環境に慣れたところでエンジンをかけ、次に近所を走るというように徐々に慣れさせる方法もあります。ドライブに慣れるとクルマ酔いしなくなるワンちゃんもいるので、最初はなるべく短い距離から始めると効果があるようです。
たばこ、芳香剤などのにおいもクルマ酔い原因となることがありますので、できるだけにおいのない環境にしてあげるとよいでしょう。また、クルマに乗っていった先の病院でいやな思いをした、車内で粗相をしてひどく叱られたなど過去のいやな記憶に原因がある場合には、楽しい場所に行って思い切り遊ぶことができるなど、クルマに乗ることに対してプラスのイメージを持てるようにするとクルマ酔いの症状が和らぐこともあります。
このほかにもクルマ酔いにはさまざまな原因や対策があります。出かける前に獣医さんに相談するとよいでしょう。

安全運転を心がけることも効果的
安全運転を心がけることも効果的

不安感などから膝の上に座りたがるワンちゃんもいますが、運転の操作や判断の誤り・遅れの原因にもつながり大変危険です。ケージやキャリーに入れて後部座席などにしっかり固定しておきましょう。また、「急」のつく発進、加速、ブレーキ、ハンドル操作は行わずに一定の速度で走行し、こまめに休憩を取るなど安全で快適な運転を心がけることは、ワンちゃんのクルマ酔いの予防にも有効です。
ドライブに出かける前にしっかり準備をして、ワンちゃんと楽しい思い出をたくさん作りましょう。

2018年03月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1クルマのバッテリー上がりと応急処置
  2. 2車庫証明の取り方を教えてください。
  3. 3車検の有効期間は何年ですか?
  4. 4高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  5. 5警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  6. 6エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  7. 7エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  8. 8最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  9. 9タイヤの空気圧点検と充填方法
  10. 10信号機のない横断歩道での交通ルールとは?
  11. 11運転免許証の有効期間と更新手続きについて教えて
  12. 12運転免許にはどんな種類と区分があるのですか?
  13. 13走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  14. 14センターラインの白色の破線と実線、黄色の実線でどう違うのですか?
  15. 15高速道路(高速自動車国道)と自動車専用道路の違いとは?
  16. 16クルマの持ち主が死亡した場合、どういう手続きが必要ですか?
  17. 17異音からトラブルを発見するには?
  18. 18車両感覚を身につけるには
  19. 19交通反則通告制度(青キップ)は、どういう制度なの?
  20. 20エンジンがかからないときは?

このページのトップへ