交通ルール・道路標識

Q スクールゾーンとは?
スクールゾーンとは、交通事故から子供たちを守るために設定された交通安全対策の重点地域の呼び名です。歴史は古く1970(昭和45)年公布の交通安全対策基本法第二十四条が法的根拠となり、1972(昭和47)年春の全国交通安全運動から運用が開始さ...

続きを読む

Q 訪日外国人に向けた道路環境の整備とは?
 日本を訪れる外国人観光客は2016年に初めて2000万人を超え、それに伴い訪日外国人によるレンタカーの利用は今後も増加が予想されます。そのため警察庁は、訪日中の外国人観光客にも理解しやすく、安全運転につなげるため、一部の道路標識に英語を併...

続きを読む

Q なぜ信号機は赤黄緑の3色が使われているの?
世界で最初の交通信号機(以下、信号機)は、イギリスのロンドン市内で馬車の交通整理のため、1868年にガス灯火式の信号機が設置されました。確かな記録は残っていませんが、このときの信号機は、使用する色も含めて鉄道の信号機を原型にしていたと考えら...

続きを読む

Q 道路標識を設置してほしい場合、どうすればいいのですか?
道路標識等の設置に関する法律は、道路法第45条「道路標識等の設置」に、「道路管理者は、道路の構造を保全し、又は交通の安全と円滑を図るため、必要な場所に道路標識または区画線を設けること」と定められています。また、同条2項では、設置場所や様式、...

続きを読む

Q なぜ日本は左側通行なの?
世界には右側通行の国もありますが、日本における車両は左側通行することが法律で定められています。これは昭和24(1949)年に施行された道路交通法によるものです。現在は、昭和35(1960)年に施行された道路交通法において、「車両は、道路の中...

続きを読む

Q ラウンドアバウト(環状交差点)とは?
ヨーロッパを発祥とする交差点形式のひとつで、今ではアメリカや東南アジアでも普及しています。日本でもこのような形状の交差点がロータリー交差点または円形交差点として以前から存在していましたが、2014年9月に施行された道路交通法改正に基づき、環...

続きを読む

Q 訪日外国人に向けた道路環境の整備とは?
日本を訪れる外国人観光客は2016年に初めて2000万人を超え、それに伴い訪日外国人によるレンタカーの利用は今後も増加が予想されます。そのため警察庁は、訪日中の外国人観光客にも理解しやすく、安全運転につなげるため、一部の道路標識に英語を併記...

続きを読む

掲載を希望される項目がありましたら、こちらからご連絡ください。

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ