Q クルマに設置された警光灯(回転灯)の色にはどんな意味があるのですか?

POINT

  • 赤色回転灯やサイレンは緊急車両が使用する。
  • 回転灯の色には、赤色のほかに黄色、青色、緑色、紫色などがある。
  • 勝手な判断で回転灯を取り付けると、不正改造車にみなされることがある。

Answer

そもそも緊急車両って、どんなクルマ?
そもそも緊急車両って、どんなクルマ?

車載用の赤い警光灯(回転灯)やサイレンを使用しているクルマが、緊急車両(緊急自動車)です。緊急車両は、「消防用自動車、救急用自動車その他の政令で定める自動車で、当該緊急用務のため、政令で定めるところにより、運転中のものをいう」と道路交通法第39条で定義しています。道路交通法施行令などによって、その要件などが定められています。警察車両や救急車、消防車などのほか、臓器や輸血用血液製剤の運搬車両、自衛隊車両、ガス会社や電力会社など公益事業の応急作業用車両、JAFのレッカー車なども含まれます。

該当の車両が緊急の用務を遂行する際には、赤色回転灯を点灯させ、サイレンを鳴らして走行しなければなりません(警察車両が最高速度違反などの取り締まりのために走行する場合などの例外あり)。装備する赤色回転灯やサイレンには基準があり、回転灯は「前方300mの距離から点灯を確認できる赤色のものであること」、サイレンの音量は「その自動車の前方20mの位置において90㏈(デシベル)以上120㏈以下であること」と定められています。

回転灯の色には意味がある
回転灯の色には意味がある

回転灯には、赤色のほかに黄色、青色、緑色、紫色などがあり、いずれも用途が決まっています。

「黄色の回転灯」は、主に国土交通省やNEXCO各社で道路維持・修繕や道路標示の設置などに用いる車両に使用されます。ハイウェイパトロールカーや清掃車、除雪車などが該当します。ハイウェイパトロールカーは、交通事故などが発生した際に現場へいち早く到着する必要があるため、赤色回転灯を点灯させ、サイレンを鳴らして緊急走行を行うことがあります。

「青色の回転灯」は、防犯パトロールカー(通称「青パト」)などに使用されます。自主防犯活動を行うことを目的として、一定の条件を満たす団体(警察と運輸支局などの許可が必要)が防犯パトロールに使用するクルマです。警察に認められた団体が使用するクルマですが、緊急走行はできません。

「緑色の回転灯」は、主に運搬車両に設置されます。幅3m以上の大型トレーラーなどをけん引するトラクターや、その誘導車に使われます。

「紫色の回転灯」は、クルマの故障時などによる停車を後続車に知らせる目的で使用します。停止表示板のように路面上(故障したクルマの後方)に設置します。特別な申請などは必要ありませんが、点灯できるのは停車時に限られます。

なお、一般の車両が勝手に回転灯の使用や設置をすることはできません。車両の種類に応じて、届け出や認定を受ける必要があります(紫色回転灯は除く)。個人が勝手な判断で回転灯を設置すると、不正改造車とみなされ罰則が科せられることがあります。

2019年03月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ