Q パーキング・メーターやパーキング・チケットの正しい利用法とは?

POINT

  • パーキング・メーターは、手数料収受や駐車時間の測定機能を備える。
  • 規制標識をよく確認し、駐車できる時間帯や制限時間などに注意。
  • 駐車枠内に収まるよう正しく駐車し、制限時間内に車両を移動する。

Answer

利用時間が制限されている理由とは?

 パーキング・メーターとは、時間制限駐車区間内に設置され、車両を感知し、駐車時間を自動的に測定する機械のことです。「時間制限駐車区間」とは、「時間を限って同一車両が引き続き駐車できる道路の区間であることが道路標識などにより指定される道路区間」のことで、路面には白線で駐車枠が指定されています。利用者が公平に使えるように、1回に利用できる時間が決まっています。駐車できる時間は主に60分ですが、40分や20分などもあります。

パーキング・メーターの使い方とは? 
パーキング・メーターの使い方とは? 

 パーキング・メーターを利用するときは、まず本体にある駐車経過時間を表す時間表示が「0分」であることを確認します。駐車枠にクルマを止めたら、パーキング・メーター本体の硬貨投入口に指定の金額を入れます。
 支払いは前払いで、一般的には100円硬貨のみが使用できます。支払いを終えると、時間表示部付近にある「未納灯」が消えます。領収書も発行できます。延長や貸し切り、場所取りなどはできません。なお、利用者が支払う金額は駐車料ではなく、パーキング・メーターなどの維持管理に必要な費用を「手数料」として納めるものです。
 バイクは1駐車枠につき1台のみの駐車が可能です。支払いの手順はクルマと同じですが、バイクは途中でパーキング・メーターの車両感知が途切れることがあるため、領収書は大切に保管しましょう。車両感知が途切れた場合は、駐車違反の対象になることがあるので注意しましょう。

パーキング・チケットの使い方とは?
パーキング・チケットの使い方とは?

 パーキング・メーターは、駐車経過時間を本体にデジタル表示するタイプが一般的ですが、日時や駐車を終了すべき時刻などが印字されたパーキング・チケットを発給するタイプもあります。最新のパーキング・チケット発給機は500円硬貨や1000円札が使え、より便利になっています。
 パーキング・チケット発給機を利用する場合は、クルマを正しく駐車枠内に止めた後、歩道に設置してある発給機でチケットの発給を受けます。支払いは前払いです。指定された金額を投入すると、発給日時や駐車終了時刻などが印字されたチケットが発給されます。チケットの一部は領収書になっており、領収書部分をはがすとシールになります。粘着部分を利用してフロントガラスの内側(車内の前方の見やすい箇所)に、駐車終了時刻表示が車外から見えるように貼りましょう。車外からチケットが見えないと、未納駐車と判断される場合があり、駐車違反として扱われることがあるので注意しましょう。

 バイクの場合は、ガソリンタンクなどの見やすい場所にチケットを貼ります。そのまま貼ると駐車終了時刻が見えないので、チケットを折り曲げるなどして時刻表示が見えるように貼りましょう。手数料は四輪車と同じですが、駐車枠内に「二輪車」と記載されている「二輪車専用パーキング」では金額が変わる場合があります。

付近の規制標識に注意し、迷惑な止め方はしない
付近の規制標識に注意し、迷惑な止め方はしない

 まずパーキング・メーターの近くにある規制標識(道路標識)を、よく確認してみてください。例えば「時間制限駐車区間標識」には、利用できる時間帯や制限時間が表示されています。イラストの標識の場合なら、午前9時から午後7時まで、60分間利用できることが分かります。
 時間制限駐車区間標識の「補助標識」にも注意しましょう。ここにはパーキング・メーターが使用できない日時などが表示されています。例えばイラストのように「日曜・休日を除く」「1月1日~3日を除く」と書かれていれば、日曜日や休日、1月1日~3日の間は利用できません。
 クルマを止めるときは、駐車枠内に収まるように正しく駐車しましょう。駐車枠からはみ出したり、極端に斜めに止めるなど、他の利用者に迷惑がかかるような止め方はやめましょう。1台で2枠を使うような止め方もできません。
 路面に「貨物車」と書かれている場合は、主に荷さばき目的の貨物車が利用する駐車枠です。短時間の作業のために設けられているので、制限時間が20分に設定されていたり、一般車用に比べて駐車枠が大きいなどの特徴があります。東京都では貨物車以外も利用できますが、荷さばき目的以外の車両はできるだけ他の駐車施設を利用するように、警視庁では協力を呼びかけています。

2019年07月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1クルマのバッテリー上がりと応急処置
  2. 2車庫証明の取り方を教えてください。
  3. 3運転免許証の有効期間と更新手続きについて教えて
  4. 4車検の有効期間は何年ですか?
  5. 5高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  6. 6最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  7. 7エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  8. 8オーバーヒートしたと感じたらどうすればいいのですか?
  9. 9エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  10. 10タイヤの空気圧点検と充填方法
  11. 11センターラインの白色の破線と実線、黄色の実線でどう違うのですか?
  12. 12交通違反の点数制度について教えて
  13. 13クルマの持ち主が死亡した場合、どういう手続きが必要ですか?
  14. 14走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  15. 15クルマが冠水・浸水してしまったら?
  16. 16警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  17. 17クルマが水没したときの対処と脱出方法とは?
  18. 18信号機のない横断歩道での交通ルールとは?
  19. 19運転免許にはどんな種類と区分があるのですか?
  20. 20エンジンがかからないときは?

このページのトップへ