視界・視覚

Q 夜間走行時のヘッドライトはハイビームが基本?
ヘッドライトには、通常、ロービーム、ハイビームが備えられています。道路運送車両法等では、ロービームの正式名称は「すれ違い用前照灯」、ハイビームは「走行用前照灯」とされ、その照射距離は、ロービームは前方40m、ハイビームがその倍以上の前方10...

続きを読む

Q 運転中に注意すべきクルマの死角とはどこですか?
クルマにはルームミラーやドアミラーが付いています。最近では助手席側のミラー下部や、車体後部にカメラを装着しているモデルもあります。これは少しでも死角をなくそうという工夫です。それでもクルマには死角が残ります。

運転席に...

続きを読む

Q 速度と視野の関係を教えてください。
自動車を運転しているときに得られる情報の約90%が視覚情報であるといわれています。運転中のドライバーが目を動かさずに見える範囲(視野)は、注視点から視角5度の範囲であり、視力が鋭い「中心視」領域と、その周辺でぼんやり見ることができる「周辺視...

続きを読む

Q 見通しのいい交差点に潜む危険「コリジョンコース現象」とは?
周囲に田畑が広がっている見通しのよい交差点で、白昼にもかかわらずクルマ同士の出合い頭の衝突事故が起きることがあります。地理的な条件から「田園型交通事故」(田園型事故)、北海道東部の十勝地方で多発したことから「十勝型交通事故」(十勝型事故)な...

続きを読む

Q 錯覚で起こる運転中の危険な一瞬とは?
上り坂を走っているつもりでアクセルペダルを踏み込んでいると、急に速度が上がることや、下り坂だと思って走行していたら速度が下がってしまうことがあります。これらは主に、目の錯覚によって引き起こされます。
それまで走っていた上り坂の先に...

続きを読む

掲載を希望される項目がありましたら、こちらからご連絡ください。

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ