Q 雪道を走る前に準備しておきたいものとは?

POINT

  • スタッドレスタイヤ装着時でもタイヤチェーンとジャッキは必須。
  • 冬場は不測の事態に備えブースターケーブルを用意したい。
  • 毛布は車内の防寒具としてだけでなく、雪道の脱出用にもなる。

Answer


雪道でのトラブルを防ぐには、クルマの点検も含めた事前の準備が大切です。たとえスタッドレスタイヤを装着していたとしても、タイヤチェーンとジャッキは必須です。また、スタック(立ち往生)したときのために、けん引ロープも積んでおくと心強いでしょう。スコップも駐車場に積もった雪を除去するのに役立ちますし、スリップして動けなくなったときの除雪作業に便利です。さらに冬場はワイパーやヒーターなどの連続稼働などによって、バッテリーの消耗が激しくなりがちですので、不測の事態に備え、ブースターケーブルも用意しておくとよいでしょう。

そのほかに、チェーンの着脱時など、外で作業するときのために、軍手や長靴、懐中電灯もクルマに積んでおくと重宝します。また、駐車場に一晩クルマを駐車するとガラス面に付着した水分が凍結したり霜が降りたりすることがあるので、取り除くためのアイススクレーパー(霜取り用のヘラ)や解氷剤も用意しておくと便利です。

意外に役立つのが毛布です。車内での防寒具としてだけではなく、雪道でスリップして動けなくなったときに、タイヤと雪の間に挟めば、脱出することができます。慣れない雪道では、どんなトラブルに見舞われるかわかりません。もしものときに役立つグッズをクルマに積んでおくようにしてください。
雪道でのトラブルを防ぐためには、クルマの点検などを含めた事前の準備が大切です。持ちものとしては、タイヤチェーンの携帯はもちろんですが、もしものときに役立つ用品も揃えておくと安心です。JAF会員証の携帯も忘れずに。 ●タイヤチェーン ●けん引ロープ ●スコップ ●ブースターケブル ●軍手・長靴 ●解氷剤 ●懐中電灯

雪道でのトラブルを防ぐため

2013年03月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

掲載を希望される項目がありましたら、こちらからご連絡ください。

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1高速道路で目的のICを行き過ぎてしまったらどうする?
  2. 2クルマのバッテリー上がりと応急処置
  3. 3エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  4. 4ナンバープレートの表記・文字は何を意味しているのですか?
  5. 5車検の有効期間は何年ですか?
  6. 6異音からトラブルを発見するには?
  7. 7走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  8. 8タイヤの空気圧点検と充填方法
  9. 9警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  10. 10最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  11. 11高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  12. 12チャイルドシートは何歳まで装着すればいいのですか?
  13. 13晴天下のクルマの室内はどのくらい温度が高くなりますか? 夏編
  14. 14エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  15. 15FF、FR、4WD…駆動方式の違いについて知りたい
  16. 16渋滞を避けるポイントとは?
  17. 17自賠責保険の名義変更はどうすればよいのですか?
  18. 18交通事故を起こしたら、加害者はどうするべきですか?
  19. 193ナンバー、5ナンバー、軽自動車、諸経費の違いは?
  20. 20夜間走行時のヘッドライトはハイビームが基本?

このページのトップへ