クルマの構造・メカニズム

クルマの構造・メカニズムトップページ

Q メンテナンスフリーバッテリーは通常品と何が違うのですか?

POINT

  • 容器の密封性が高く、電解液の水分蒸発が少ないのが構造的な違い。
  • メンテナンスフリーバッテリーの多くは点検用のインジケーターを備え、そこに充電不足や液不足が表れるが、定期的な点検は必要。

Answer

メンテナンスフリーバッテリーと、普通のバッテリーの大きな違いとして、構造的な設計の違いがあげられます。メンテナンスフリーバッテリーの場合、電槽、いわゆるプラスチック容器の密封性が高いことから、電解液(希硫酸)に含まれる水分の蒸発が少ないことが特徴といえます。

普通のバッテリーの場合、点検はケース上に記されたUPPER(上)とLOWER(下)のレベルの間に電解液が収まっていればOKです。その際、6つある電槽すべてをチェックする必要があります。化学変化によって希硫酸に含まれる水分が蒸発すると、電解液が減り、バッテリーの機能が低下します。減っていたら、カー用品店などで売っている補充液、もしくは精製水をバッテリー上部のフタをはずして足すことが必要です。また、市販の電解液(バッテリー液)用の比重計を使って、比重(充電状態)の点検も必要となります。こちらは、比重計の目盛りが1.26~1.28だと最適な状態で、1.24未満の場合は充電が必要です。

メンテナンスフリーバッテリーの場合、バッテリー液の補充や比重のチェックはできません。ただし、その多くは点検用のインジケーターを備えており、そこに充電不足や液不足が表れるようになっています。メンテナンスフリーといえども、定期的な点検は必要となります。

イラスト:メンテナンスフリーバッテリー

2013年03月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  2. 2クルマのバッテリー上がりと応急処置
  3. 3高速道路で目的のICを行き過ぎてしまったらどうする?
  4. 4車検の有効期間は何年ですか?
  5. 5高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  6. 6異音からトラブルを発見するには?
  7. 7警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  8. 8タイヤの空気圧点検と充填方法
  9. 9最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  10. 10走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  11. 11エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  12. 12FF、FR、4WD…駆動方式の違いについて知りたい
  13. 13車庫証明の取り方を教えてください。
  14. 14雪道でスタックした場合、自力で動かす方法とは?
  15. 15高速道路で事故や故障が発生したらどうすればいいのですか?
  16. 16チャイルドシートは何歳まで装着すればいいのですか?
  17. 17チェーン規制時はスタッドレスタイヤ装着でも走行できない?
  18. 18スピード違反に対する行政処分とは?
  19. 19自賠責保険の名義変更はどうすればよいのですか?
  20. 20ナンバープレートの表記・文字は何を意味しているのですか?

このページのトップへ