クルマの構造・メカニズム

クルマの構造・メカニズムトップページ

エンジン

Q クルマの燃費表示「WLTCモード」とはなんですか?
 WLTCモードとは、「世界統一試験サイクル」といわれる国際的な試験方法のことで、2014年3月に国連欧州経済委員会自動車基準調和世界フォーラムで採択されました。これまでカタログに表記されていた日本独自の「JC08モード燃費(国土交通省審査...

続きを読む

Q 回生ブレーキやターボエンジンはどんな仕組みですか?
回生ブレーキはハイブリッド車やEVなどで使われている専用技術です。回生ブレーキは、駆動輪とつながっている駆動用の大きなモーターが発電機となっており、減速時に回して電気を発生させ、その際の抵抗力によりブレーキがかかります。そして、その発電機で...

続きを読む

Q ガソリンエンジンとディーゼルエンジンはなにが違うのですか?
ガソリンエンジンとディーゼルエンジンでは、基本構造にほとんど違いはありません。しかし、補機部分はかなり違います。というのも、ガソリンエンジンの燃料は、いうまでもなくガソリンです。そして、ディーゼルエンジンの燃料は軽油です。ガソリンに火をつけ...

続きを読む

Q 10・15モード燃費、JC08モード燃費とはなんですか?
2011 年4 月以降に型式指定を受けるクルマから、カタログなどに記載される燃費表示が「JC08モード燃費(国土交通省審査値)」に変わりました(10・15モードとの併記の場合もあります)。それ以前から販売されているクルマ(継続生産車)につい...

続きを読む

Q エンジンに付いているベルトの種類と役目が知りたい
エンジンについているベルト類には、エンジンの内部に組み込まれているタイミングベルトを除くと、ファンベルトやオルタネーターベルト、エアコンベルト、パワーステアリングベルトなどがあります。ただし、エンジンの種類によっては、1本のベルトでエアコン...

続きを読む

Q 「内径×行程」とは?「内径×行程」でエンジンの特性がわかる?
内径(ボア)はピストンが往復運動をするシリンダー内側の直径を示した数字で、行程(ストローク)はピストンが往復運動をする距離を示しています。

内径の数字よりも行程の数字のほうが大きいタイプのエンジンをロングストローク...

続きを読む

Q エンジンオイルが果たす役割はなんですか?
エンジンオイルが果たす役割のうち、もっとも知られているのが潤滑作用です。エンジンは多くの金属部品から構成されています。それらが組み合わされ、それぞれが回転運動や往復運動を絶えず繰り返すことで、クルマを動かす力を発生させています。しかし、金属...

続きを読む

Q 最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
カタログなどで見かけることの多い「最高出力」と「最大トルク」。これは一体なにを示しているのでしょうか?「最高出力」とは、エンジンが発生する最高の出力を示し単位には馬力やPSを使用します。一方の「最大トルク」とは、エンジンが発生する最大の回転...

続きを読む

Q エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
エンジンオイルには、性能を表すいくつかの表示があります。その中で重要なのが粘度とグレードで、クルマや使い方に合った粘度とグレードのオイルの使用を推奨しています。

オイルの粘度は、SAE(アメリカ自動車技術者協会)の...

続きを読む

Q エンジン形式にはどんな種類があるのですか?
クルマのカタログに記載されているエンジン型式は、主に燃焼形態とシリンダーの配置、カムシャフト形式の違いによって分類されています。

エンジンの形態は現在、シリンダー内でのピストンの往復運動を駆動力に変換するレシプロエ...

続きを読む

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ