クルマの構造・メカニズム

クルマの構造・メカニズムトップページ

Q クルマの燃費表示「WLTCモード」とはなんですか?

POINT

  • 日本でも導入されたWLTCモードはEU、アメリカをはじめ、インドや韓国などでも採用されている国際的な燃費計算の試験方法。
  • WLTCモードと、3つの走行モードごとの燃費が表示されるのでユーザーの使用環境との比較がしやすくなる。
  • それぞれの走行環境に応じた燃費の良いクルマを知ることができる。

Answer

「JC08モード」から「WLTCモード」に

 WLTCモードとは、「世界統一試験サイクル」といわれる国際的な試験方法のことで、2014年3月に国連欧州経済委員会自動車基準調和世界フォーラムで採択されました。これまでカタログに表記されていた日本独自の「JC08モード燃費(国土交通省審査値)」に代わる燃費測定方法のことです。

 WLTCモードができる以前、自動車メーカーは同じ仕様のクルマであっても、燃費の測定試験をそれぞれの国や地域の基準ごとに行っていました。これを1回の試験で済むようにしようということで、国連のフォーラムにて世界標準の燃費測定法を定めることになりました。

 今回導入される方式は、従来の燃費表示では燃費の値はJC08モードによる燃費だけが表記されていましたが、これからはWLTCモードに基づく燃費に加えて、3つの走行モードごとの燃費が表示されます。クルマのカタログや展示車に表示される燃費は、「市街地モード」「郊外モード」「高速道路モード」の3つの走行モードによる燃費とそれらを総合した「WLTCモード」の4つの燃費が表記されるため、ユーザーはそれぞれのクルマの使い方にあわせた実際の燃費との比較がしやすくなります。




ユーザーの走行環境にあった燃費との比較がしやすい

 これまでと同様に、実際の燃費は天候や渋滞などの使用環境や、発進・加速方法やエアコンの使用などの運転方法によって異なりますが、ユーザー自身が主にどのような走行が多いかという環境に合った燃費の比較がしやすくなるというメリットがあります。また、WLTCモードはドライバー以外の乗員や積載物の重量など使用実態を考慮しているため、従来の表示に比べて同水準または低くなる傾向があります。こうした表示内容が取り入れられることで、ユーザーは普段の走行に応じた省エネ性能の良いクルマを知る機会が増えることになります。

 WLTCモードの表示は、2017年夏以降、WLTCモード燃費が算定されたクルマから順次切り替えられていますが、当面は「JC08モード燃費」を併記してもよいことになっているため、5つのモードでの燃費値が並ぶこともあります。

2018年03月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  2. 2クルマのバッテリー上がりと応急処置
  3. 3車検の有効期間は何年ですか?
  4. 4高速道路で目的のICを行き過ぎてしまったらどうする?
  5. 5高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  6. 6異音からトラブルを発見するには?
  7. 7タイヤの空気圧点検と充填方法
  8. 8最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  9. 9警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  10. 10車庫証明の取り方を教えてください。
  11. 11走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  12. 12エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  13. 13FF、FR、4WD…駆動方式の違いについて知りたい
  14. 14高速道路で事故や故障が発生したらどうすればいいのですか?
  15. 15チェーン規制時はスタッドレスタイヤ装着でも走行できない?
  16. 16自賠責保険の名義変更はどうすればよいのですか?
  17. 17チャイルドシートは何歳まで装着すればいいのですか?
  18. 18雪道でスタックした場合、自力で動かす方法とは?
  19. 19夜間走行時のヘッドライトはハイビームが基本?
  20. 20スピード違反に対する行政処分とは?

このページのトップへ