クルマの構造・メカニズム

クルマの構造・メカニズムトップページ

クルマの構造

Q 現在の「自動運転」の技術レベルは?
多くの方が「自動運転」という言葉から想像するのは、乗っているだけで何もしなくても目的地まで連れて行ってくれるようなクルマでしょうか。そのようなドライバーを全く必要としないクルマこそが、まさに理想の「自動運転車」と言えるでしょう。ただし、その...

続きを読む

Q エアコンの外気導入と内気循環は、どう使い分ければいいのですか?
車内の空調管理には、「外気導入」と「内気循環」の2種類があり、乗員が任意で使い分けることができます。「外気導入」は、外気を取り入れて車内の空気を換気したいときに使います。一方「内気循環」は、外気が入ることをある程度抑えることができます。 <...

続きを読む

Q 「サポカー」ってどんなクルマですか?
「サポカー」は衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)などの先進安全技術を活用した一定の運転支援機能を備えたクルマのことで、2017年に愛称が「セーフティ・サポートカー(略称:サポカー)」と決定しました。セーフティ・サポートカーには、「サポカー...

続きを読む

Q 油種(レギュラーガソリン、ハイオクガソリン、軽油)の違いについて教えてください。
 ガソリン、灯油、軽油、重油、潤滑油などの石油製品は、油田から産出された原油を加熱炉で熱し、常圧蒸留装置で精製して作られています。イラスト①製油所では原油を約350℃に加熱し、蒸気(石油蒸気)として沸点の低いものから順に分けています。一般的...

続きを読む

Q クルマのウインドウガラスにはどんな種類や機能があるの?
 クルマのウインドウガラスには、運転時の視界確保、飛び石など飛来物からの保護、事故が起きた時の被害軽減など、ドライバーと同乗者の安全や快適性を確保する役割があります。そして、たとえば可視光線の透過率が70%以上であるなど、詳細な保安基準が設...

続きを読む

Q ハイオクガソリンとレギュラーガソリンの違いは何ですか?
ガソリンスタンドでは、主に「ハイオク」と「レギュラー」の2種類のガソリンが販売されています。レギュラーガソリンは、コンパクトカーなど一般的なクルマの指定燃料になっています。

続きを読む

Q ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)とは?
ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)は、クルマに搭載した専用のセンサーとCPU(コンピューター)を用いたシステムが、アクセル操作とブレーキ操作の両方を自動的に行ない、運転を支援する機能です。前走車がいる場合、センサーがそれを検知し...

続きを読む

Q エアバッグはどんな時に開くの?
エアバッグはある一定の衝撃を感知すると膨らみ、乗員がハンドルやダッシュボード、ドアなどにぶつかるのを防いでくれる装備です。エアバッグの展開にかかる時間は一瞬です。時速に換算すると100km/hから300km/hにも達します。正面からの衝撃を...

続きを読む

Q 自動車はどんな部品で構成されているのですか?
クルマは、非常に数多くの部品から構成されています。大きく分類すると、ボディ、シャーシ、エンジン、ドライブトレインと分けることができます。ボディは、ボンネット、ドア、トランクリッドなどを指し、基本的に鋼板で構成されています。
<...

続きを読む

Q マニュアル(MT)、オートマチック(AT)、CVTはどこが違うのですか?
クルマはエンジンだけでは走ることはできません。エンジンの出力をうまく引き出して、効率よく各車輪に伝えるためにはトランスミッションが必要です。現在、日本で主流になっているのがオートマチックトランスミッション(以下AT)です。自動で適切なギヤを...

続きを読む

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ