クルマの構造・メカニズム

クルマの構造・メカニズムトップページ

Q ハイオクガソリンとレギュラーガソリンの違いは何ですか?

POINT

  • ハイオクガソリンは高価格だが、オクタン価が高くノッキングを抑える。
  • 洗浄剤が添加され、エンジン内をきれいに保つのもハイオクの特徴。
  • ハイオク車でレギュラーを使うと、燃費や加速性能が発揮されない。

Answer

ハイオクガソリンはオクタン価が高い
ハイオクガソリンはオクタン価が高い

ガソリンスタンドでは、主に「ハイオク」と「レギュラー」の2種類のガソリンが販売されています。レギュラーガソリンは、コンパクトカーなど一般的なクルマの指定燃料になっています。

レギュラー仕様にハイオクを入れたらどうなるの?
レギュラー仕様にハイオクを入れたらどうなるの?

レギュラー仕様のエンジンにハイオクガソリンを入れても、石油会社は「ほとんど問題は発生しない」と説明しています。ハイオクガソリンには洗浄剤が配合されているので、これらの添加剤の効果によって、むしろエンジン内が洗浄されるという石油会社もあるほどです。ただし、エンジンの出力アップや燃費の向上を目的にハイオクガソリンを入れても、期待どおりにならないこともあります。

2016年02月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ