クルマの構造・メカニズム

クルマの構造・メカニズムトップページ

Q エアコンの外気導入と内気循環は、どう使い分ければいいのですか?

POINT

  • 外気導入と内気循環の違いを理解して季節や状況によって使い分ける。
  • 外気導入にすると窓ガラスが曇りにくい、換気ができるなどのメリットがある。
  • 内気循環にすると冷暖房が効きやすい、排気ガスなどが入りにくいなどのメリットがある。

Answer

外気導入と内気循環の切り替えと使用するタイミング

車内の空調管理には、「外気導入」と「内気循環」の2種類があり、乗員が任意で使い分けることができます。「外気導入」は、外気を取り入れて車内の空気を換気したいときに使います。一方「内気循環」は、外気が入ることをある程度抑えることができます。

内外気の切り替え方法は、スイッチ式やスライド式などさまざまあります。スイッチを押したり、レバーをスライドさせたりするなどして外気導入と内気循環を切り替える操作を行います。内気循環のボタンスイッチだけがある場合、ランプが点灯している時は内気循環モード、消灯している時は外気導入モードです。「AUTO」エアコンやマニュアルエアコン、製造された年度や車種によっても方式や動作がそれぞれ異なるので、クルマの取扱説明書で確認してください。

外気導入と内気循環のメリット
外気導入と内気循環のメリット

「外気導入」は、主に外気を取り入れて換気したいときに使用します。

外気導入を使うと、車内の温度を外気温に近くすることができるのでガラスの曇りは取れやすくなります。例えば、冬などでは車内の湿度よりも外気の湿度が低い場合が多いので、冬に起こるフロントガラスの曇りを取るには、乾燥した外気を車内に取り込む「外気導入」が効果的です。

また、エアコンの吹き出し口から送られてくる風に臭いがすることがありますが、これはエアコン装置内にさまざまなホコリや雑菌、臭い物質などが取り込まれることで起こります。このようなエアコン始動時に発生する臭いを抑えるために、駐車時は外気導入にしておくこともひとつの方法です。

外気導入と内気循環のメリット 一方、「内気循環」を使うタイミングは、車内で空気を循環させたいときで、例えばトンネル内など外気が汚れているときに使うとよいでしょう。また、車内温度を急速に変えたいときなど、外気を遮断することで冷暖房効率が上がります。
内気循環は、外気の取り入れを制限する状態になるので、エアコンフィルターでは除去しきれない排気ガスなどの汚れた外気や臭い、花粉を車内に入れることをある程度防ぎたいときには向いています。

また、夏など外気温が高く車内温度が高温になっているときは、まず窓を全開にして「エアコン+外気導入」にして走行してある程度熱気を追い出してから、窓を閉めて「エアコン+内気循環」を使用すると効果的に車内温度が下げられます。

比較的外気温の高い雨天時の場合は外気の湿度が高いので、外気導入ではなくエアコンと内気循環を併用するとよいでしょう。

外気導入と内気循環の違いをよく理解して季節や状況によって使い分けることで快適なドライブを楽しんでください。

2019年03月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1クルマのバッテリー上がりと応急処置
  2. 2フロントガラスが曇る原因と、その対処法は?
  3. 3運転免許にはどんな種類と区分があるのですか?
  4. 4センターラインの白色の破線と実線、黄色の実線でどう違うのですか?
  5. 5運転免許証の有効期間と更新手続きについて教えて
  6. 6高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  7. 7エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  8. 8エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  9. 9クルマの持ち主が死亡した場合、どういう手続きが必要ですか?
  10. 10最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  11. 11タイヤの空気圧点検と充填方法
  12. 12引っ越して住所が変わったら免許証を書き換えるのですか?
  13. 13車庫証明の取り方を教えてください。
  14. 14走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  15. 15原動機付自転車の右折方法とは?
  16. 16車検の有効期間は何年ですか?
  17. 17警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  18. 18乗用車用のアルファベット入りナンバープレートとは?
  19. 19クルマの振動からトラブルを発見するには?
  20. 20エンジン形式や排気量による違い

このページのトップへ