クルマの構造・メカニズム

クルマの構造・メカニズムトップページ

Q 現在の「自動運転」の技術レベルは?

POINT

  • 理想的な「完全運転自動化」には、まだ時間がかかる。
  • 自動運転のための技術はレベル0~5に区分され、現在実用化されているのはレベル2までの「運転支援車」で、まだ「自動運転車」ではない。
  • 自動運転車の実現により、交通事故の防止、渋滞の解消や緩和、特に地方部での高齢者を中心とした移動手段の確保などが期待できる。

Answer

自動運転技術のレベルについて

多くの方が「自動運転」という言葉から想像するのは、乗っているだけで何もしなくても目的地まで連れて行ってくれるようなクルマでしょうか。そのようなドライバーを全く必要としないクルマこそが、まさに理想の「自動運転車」と言えるでしょう。ただし、そのような理想のクルマは実用化されるのはまだまだ先。

自動運転技術は米国自動車技術者協会(SAE)が「自動運転化レベル」としてレベル0~レベル5までの6段階に区分しており、レベル5では制限なく全ての運転操作が自動化されますが、現在日本で販売されているのはレベル2までのクルマです。

運転自動化レベル

レベル 概要 運転操作の主体
レベル0
運転自動化なし
ドライバーが全ての運転操作を実行。 ドライバー
レベル1
運転支援
システムがアクセル・ブレーキ操作またはハンドル操作のどちらかを部分的に行う。 ドライバー
レベル2
部分運転自動化
システムがアクセル・ブレーキ操作またはハンドル操作の両方を部分的に行う。 ドライバー
レベル3
条件付運転自動化
決められた条件下で、全ての運転操作を自動化。ただし運転自動化システム作動中も、システムからの要請でドライバーはいつでも運転に戻れなければならない。 システム
(システム非作動の場合はドライバー)
レベル4
高度運転自動化
決められた条件下で、全ての運転操作を自動化。 システム
(システム非作動の場合はドライバー)
レベル5
完全運転自動化
条件なく、全ての運転操作を自動化。 システム

「JASOテクニカルペーパー18004」(自動車技術会)、「運転自動化技術レベル1および2の車両に対する誤解防止のための方策について」(国土交通省)を基に作成。

レベル0からレベル2の「運転支援車」について

レベル0は自動運転技術のないクルマ、レベル1は衝突被害軽減ブレーキ(自動ブレーキ)やオートクルーズコントロールのように加減速を支援するか、または車線維持のようにハンドル操作を支援するクルマです。レベル2では、レベル1の技術を組み合わせてアクセル・ブレーキ操作とハンドル操作の両方を支援したクルマになります。

レベル2になると、高速道路など限られた条件下では「自動運転風」な運転も可能ですが、ドライバーは常にハンドルを握り、運転の責任は全てドライバーにあります。

そのため、レベル2までは「自動運転車」ではなく、「運転支援車」と呼ばれています。

【例】自動ブレーキ(運転支援:レベル1)
レベル3からレベル5について

レベル3になると、走行場所等が決められた条件下で、全ての運転操作をクルマの自動運転システムに任せることが可能となります。ただし、システムが自動運転を継続できなくなった場合、ドライバーはシステムからの要求に応えて、いつでも運転に戻れる状態でなければなりません。

【例】高速道路での自動運転モード機能(条件付運転自動化:レベル3)

つまり、自動運転中もドライバーはいつでも運転に戻れる準備をしておく責任があり、そのようなクルマが「自動運転車」と呼べるかについてはまだ議論があり、なかにはレベル3は飛ばしてレベル4の実用化を目指すべきという意見もあります。

レベル4になると、決められた条件下であれば、全ての運転操作をクルマの自動運転システムに任せることが可能となります。現在、ラストマイル(主に中山間部等において、公共交通の最終地点と自宅等最終目的地を結ぶための移動システムのことで、自動運転車の活用が期待されている)等の社会実験が行われていますが、それらの実験用車両はレベル4を想定したものが多くあります。

さらにレベル5になると理想の「自動運転車」と言える、条件なく常に全ての運転操作をクルマの自動運転システムに任せることが可能になります。ただし、センサー類やAI等自動運転技術の一段の発達が必要で、クルマの周囲の状況を把握するために重要な高精度3D地図の整備、また既存の車両との混走時の交通ルールの検討、さらには事故の際の責任について等、解決するべき課題はたくさん残っており、実現するにはまだ相応の時間がかかると考えられています。

【例】常にシステムがすべて運転(完全運転自動化:レベル5)
自動運転車が普及するメリットは?

自動運転のメリットは、ユーザーの利便性や快適性の向上、またクルマで移動中も仕事などができるので生産性の向上などが考えられますが、自動車社会における直接的なメリットとしては、交通事故の大幅な低減が期待されています。というのも、現在の交通事故の多くはドライバーのミスに起因するため、自動運転車が普及することでこれらの交通事故がほぼ防げるようになるためです。

さらに、渋滞の解消・緩和や、公共交通機関が減少している地方部での高齢者の移動手段としても期待が寄せられています。

2019年03月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1クルマのバッテリー上がりと応急処置
  2. 2運転免許証の有効期間と更新手続きについて教えて
  3. 3車庫証明の取り方を教えてください。
  4. 4フロントガラスが曇る原因と、その対処法は?
  5. 5交通違反の点数制度について教えて
  6. 6車検の有効期間は何年ですか?
  7. 7タイヤの空気圧点検と充填方法
  8. 8エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  9. 9高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  10. 10運転免許にはどんな種類と区分があるのですか?
  11. 11センターラインの白色の破線と実線、黄色の実線でどう違うのですか?
  12. 12引っ越して住所が変わったら免許証を書き換えるのですか?
  13. 13クルマの持ち主が死亡した場合、どういう手続きが必要ですか?
  14. 14警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  15. 15最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  16. 16エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  17. 17走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  18. 18信号機のない横断歩道での交通ルールとは?
  19. 19エンジンがかからないときは?
  20. 20異音からトラブルを発見するには?

このページのトップへ