バイクの故障

Q パンクしたときの対処法
パンクはタイヤの種類によって状況が異なります。チューブレスタイヤの場合、異物が刺さってパンクしても、徐々に空気が抜けていきます。しばらく気づかないことも多いので、走行前点検に加えて、空気圧はこまめに確認し、減り方が早い場合はパンクを疑ってく...

続きを読む

Q バイクのバッテリー上がりと応急処置
バイクは車体構造そのものがコンパクトであるため、クルマのバッテリーよりも容量の小さいバッテリーを搭載しています。そのため、「セルスターター の勢いが落ちた」、「ホーン音量が低下した」など、電圧不足によるバッテリー上がりの兆候を見逃さないこと...

続きを読む

Q 押し歩きの方法
車両重量のかさむバイクですが直立させてバランスさせた状態であれば、じつは片手で支えられるほど安定しています。この安定した状態で押し歩きをするコツは、腰から腿のあたりを中心に身体とバイクを密着させて押し出すことです。具体的にはまず、バイクから...

続きを読む

Q 立ちゴケしてしまったら
ライダーであれば誰もが経験するのが立ちゴケです。ベテランライダーであっても、うっかり立ちゴケすることはめずらしくありません。停車時の足場が濡れていて滑りやすかったり、砂利道など不安定であったり、Uターンの最中にバランスを崩したりと、立ちゴケ...

続きを読む

Q バイクにはどんなトラブルが多いのか
クルマと同じく、バイクのバッテリートラブルもJAF出動理由の第1位に挙げられます。日頃からあまり乗らないなど慢性的な充電不足を続けると、バッテリーの寿命は短くなります。長期間乗らないときにはバッテリーのマイナス端子を外しておくか、バッテリー...

続きを読む

Q 事故を起こした時の対処法(二次事故防止)
事故を起こした場合、最優先すべきことは負傷者の救護です。これは道路交通法(第72条1項)でも定められています。ただしバイクの場合、事故発生時に転倒し自分も負傷者となるケースが考えられます。万が一転倒してしまった場合、身体が動かないようであれ...

続きを読む

掲載を希望される項目がありましたら、こちらからご連絡ください。

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ