Q バイクのバッテリー上がりと応急処置

POINT

  • 電子制御化が進んだため、押し掛けではエンジン始動できない。
  • 上がったバッテリーを取り外して販売店で充電するか新品に交換。
  • バッテリー搭載位置は車種で違うので、場所と車載工具を確認する。

Answer

バイクは車体構造そのものがコンパクトであるため、クルマのバッテリーよりも容量の小さいバッテリーを搭載しています。そのため、「セルスターター の勢いが落ちた」、「ホーン音量が低下した」など、電圧不足によるバッテリー上がりの兆候を見逃さないことが、バッテリー上がりによるトラブルを回避する 有効な手段のひとつです。
バイクでバッテリー上がり(=電圧不足)に見舞われた場合の対処法ですが、「押し掛け」や「キックスタート」が知られています。ただ、最近のバイク は燃料噴射装置をはじめ電子制御化が進んだこともあり、ライダーがバイクを押したその勢いを利用する「押し掛け」ではエンジン始動ができなくなりました。 また、自分の足でクランクシャフトを回すことでエンジンを始動することができるキックスターターを装備したバイクであっても、バッテリー電圧がメーカーの 規定値を下回っている場合は、燃料ポンプを作動させるための電圧が不足して、キックスタートではエンジンの始動ができません(一部の車種を除く)。そうし たことからバッテリーが上がった状態からの復帰には、バッテリーを取り外したうえで、販売店に持ち込んで充電してもらうか、充電しても電圧が十分に高まら ない場合は寿命であると判断し、新品を購入して交換するほうが確実です。移動手段が無い、急いでいる場合などはJAFを呼びましょう。
万が一のため、事前にバッテリーがどこに搭載されているかを見ておきましょう。ボンネットの中にあるクルマと違い、バイクの搭載位置は車種によって さまざまです。シートの下などにバッテリーがある場合は、車載工具を使わないと取り出すことができないこともあります。そのため、バッテリーの位置だけで なく、車載工具の場所とその内容も一度確認しておくといいでしょう。中古車として購入したバイクのなかには車載工具が搭載されていない場合もありますので 注意しましょう。
また、出先でバッテリーを取り外したりする場合、作業をする場所や取り外したバイクの駐車場所を確保するのは大変です。この場合、迷わずJAFのロードサービスを利用したほうが、スムーズかつ安全です。

2013年03月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ