Q 押し歩きの方法

POINT

  • 腰から腿を中心に身体とバイクを密着させ、主に脚力を使って前進。
  • 下り坂では前輪ブレーキを少し効かせ、速度を抑えてゆっくり進む。
  • 押し歩きながら坂道で方向転換する場合は、車体を谷側へ傾けない。

Answer

安定した状態でバイクの押し歩きをするコツとは?
安定した状態でバイクの押し歩きをするコツとは?

車両重量のかさむバイクですが直立させてバランスさせた状態であれば、じつは片手で支えられるほど安定しています。この安定した状態で押し歩きをするコツは、腰から腿のあたりを中心に身体とバイクを密着させて押し出すことです。具体的にはまず、バイクから20~30㎝ほど離れてバイクの左側に前を向いて立ち、両手でハンドルを持ちます。このとき、前輪ブレーキがすぐに掛けられるようブレーキレバーに指をそえておくと安心です。次に、バイクを自分側にほんの少しだけ傾けて、身体とバイクを密着させて支えます。こうして自分とバイクが支え合う姿勢を取ることで、安定した状態のままバイクを動かすことができるとともに、バイクが右側に転倒してしまうことを防ぎます。あとは行きたい方向に顔と上半身を向け、抑えが効くようにやや前傾姿勢でハンドルを押し出すようにしながら、腕力ではなく主に脚力を使って前進します。

腕力でカバーするのではなく腰で押し引きが基本
腕力でカバーするのではなく腰で押し引きが基本

バイクの車両重量は、400ccクラスであれば200kg前後、750cc超クラスの大型バイクであれば200kgから300kg以上になります。このような車両重量のかさむバイクを腕力だけで動かそうとすると車体が不安定になり、転倒してしまう危険が非常に大きくなります。そうならないために、腰をグッと落としながらシートやタンクに腰から腿のあたりを中心にバイクと密着して支えると、腕力に自身のない女性でも750cc超の大型バイクを楽に押し歩きができます。また、バイクを後進させる場合も、腰から腿のあたりを中心にバイクを支えながら、自分の体重を後方にかけて後進させます。

坂道で押し歩く際の注意点とは?
坂道で押し歩く際の注意点とは?

坂道であっても、基本姿勢は平地での押し歩きと同じく、腰から腿のあたりを中心に使ってバイクと密着するように支えることがポイントです。下り坂では、バイクだけ先に走って身体から離れてしまわないよう、予め右手で前輪ブレーキを少し効かせながら、必要に応じて速度を調節してゆっくりと前進しましょう。やむを得ず坂道で押し歩きしながら方向転換する場合は、バイクを絶対に谷側へ傾けないように注意しましょう。山側へ倒れた場合に比べ、谷側に倒れたバイクをひとりで引き起こすのは大変であるばかりか、転倒するまでに勢いが付いてしまうためバイクの損傷がひどくなったり、最悪の場合は、坂道を転がってしまったりして二次事故を誘発してしまう可能性があるからです。

2014年09月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1クルマのバッテリー上がりと応急処置
  2. 2あおり運転を受けたら、どうすればよいのでしょうか?
  3. 3高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  4. 4運転免許証の有効期間と更新手続きについて教えて
  5. 5車庫証明の取り方を教えてください。
  6. 6エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  7. 7車検の有効期間は何年ですか?
  8. 8走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  9. 9センターラインの白色の破線と実線、黄色の実線でどう違うのですか?
  10. 10タイヤの空気圧点検と充填方法
  11. 11交通違反の点数制度について教えて
  12. 12警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  13. 13最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  14. 14フロントガラスが曇る原因と、その対処法は?
  15. 15クルマの持ち主が死亡した場合、どういう手続きが必要ですか?
  16. 16エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  17. 17信号機のない横断歩道での交通ルールとは?
  18. 18オーバーヒートしたと感じたらどうすればいいのですか?
  19. 19セルフスタンドでの給油の注意点について
  20. 20晴天下(炎天下)のクルマの室内はどのくらい温度が高くなりますか? 夏編

このページのトップへ