Q タイヤの選び方

POINT

  • ハイグリップや性能長持ちタイプなど、バイクのタイヤは用途で選択。
  • JIS規格に合わせて製造されるため、同じサイズならメーカーは不問。
  • 新品タイヤは滑りやすく不安定なので、100km程度の慣し走行を行う。

Answer

タイヤのサイズ表記の見方と構造による違い
タイヤのサイズ表記の見方と構造による違い

タイヤのサイズ表記は数字とアルファベットで構成されています。一般的なラジアルタイヤのサイズ例で表記の見方を説明します。
例:120/70ZR17M/C(58W)
左から、「120」はタイヤの幅、「70」は偏平率、「Z」は速度カテゴリー、「R」はラジアル構造、「M/C」はモーターサイクル用タイヤ表示、「(58W)」は荷重指数と速度記号です。例に挙げたサイズ表記では、タイヤ幅120mm、偏平率70%、タイヤの速度カテゴリーは240km/h超、ラジアル構造で、リム径が17インチのホイールに合うバイク用のタイヤで、最大負荷重は236kg、速度記号が示す走行可能な最高速は270km/h超となります。バイク用タイヤの構造は、大きく分けてラジアルとバイアスの2種類です。ラジアルはタイヤの骨格となるカーカスがタイヤの中心から放射状(ラジアル)に配列され、ベルトで強固に締め付けられています。高速耐久性に優れているため、ほとんどのオンロードスポーツバイクに装着されています。バイアスはカーカスのコードを角度(バイアス)をつけて交互に張り合わせた構造で、ラジアルよりも乗り心地が良いのが特徴です。アメリカンバイクなど快適性が求められるバイクに採用されています。

自分のライディングスタイルに合わせて選ぶ
自分のライディングスタイルに合わせて選ぶ

タイヤのサイズは、メーカーが指定した標準サイズで、同じ構造のタイヤを選ぶことが基本です。タイヤのサイズや規格は日本工業規格(JIS規格)に合わせて製造されているため、サイズが同じであればどのタイヤメーカーを選んでも問題ありません。前輪と後輪ではサイズとパターンが異なる場合が多いので、前輪用と後輪用でそれぞれ専用品を選んでください。バイク用タイヤには、サーキット走行が楽しめるハイグリップタイプや、ツーリングを楽しむ性能長持ちタイプなど、目的に合わせて多種多様な性格を備えた商品がラインナップされています。自分の使い方やライディングスタイルを考えて、いちばん使い勝手が良いものを選びましょう。

新品のタイヤで注意すべき点とは?
新品のタイヤで注意すべき点とは?

タイヤはゴム製品なので、走行距離が短く、あまり溝が減っていないように見えても、時間が経てばゴムが劣化して性能が落ちていきます。使用開始から5年以上が経った場合は、バイク店やタイヤ販売店等で継続使用ができるかどうか点検してもらうことをおすすめします。スリップサインが見えてきたら交換することはもちろん、製造から10年を超えたタイヤも交換したほうが良いでしょう。交換した直後の新品タイヤは工場出荷時の薬剤などがタイヤ表面に付着しているためグリップ力が安定せず、非常に滑りやすいので注意が必要です。この薬剤を完全に取り除き、本来の性能を発揮させるため、100km程度を目安に慣し走行を行いましょう。慣し走行中はアクセル操作やブレーキ操作を丁寧に行い、コーナリング時も車体を一気に傾けず、徐々に角度をつけていくようにします。

2014年09月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

掲載を希望される項目がありましたら、こちらからご連絡ください。

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1高速道路で目的のICを行き過ぎてしまったらどうする?
  2. 2エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  3. 3クルマのバッテリー上がりと応急処置
  4. 4車検の有効期間は何年ですか?
  5. 5異音からトラブルを発見するには?
  6. 6高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  7. 7警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  8. 8タイヤの空気圧点検と充填方法
  9. 9ナンバープレートの表記・文字は何を意味しているのですか?
  10. 10走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  11. 11最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  12. 12チャイルドシートは何歳まで装着すればいいのですか?
  13. 13エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  14. 14高速道路で事故や故障が発生したらどうすればいいのですか?
  15. 15FF、FR、4WD…駆動方式の違いについて知りたい
  16. 16夜間走行時のヘッドライトはハイビームが基本?
  17. 17クルマが冠水・浸水してしまったら?
  18. 18自賠責保険の名義変更はどうすればよいのですか?
  19. 19晴天下のクルマの室内はどのくらい温度が高くなりますか? 夏編
  20. 20渋滞を避けるポイントとは?

このページのトップへ