バイクの購入

Q ヘルメットの扱い方やあご紐の正しい締め方、寿命はどのくらい?
ヘルメットは転倒などの際、頭部を守る大切なプロテクターです。ヘルメットは、大きく分類して①外装、②衝撃吸収ライナー、③内装の3つに分かれています。①は強い衝撃を受けても頭部への損傷を抑えられるような丈夫な構造体で、素材にはFRPなどの繊維強...

続きを読む

Q 販売店で試乗をする際の注意点とは?
興味を抱いたバイクをより深く知るには、実車を確認し、試乗することがもっとも効果的です。しかし、バイク販売店に希望する試乗車が用意されているとは限らないため、バイク販売店に対して事前に電話かメールで問い合わせ、興味を抱いたバイクの試乗ができる...

続きを読む

Q ファミリーバイク特約とは?
特約とは、契約した自動車の任意保険(これを主契約と言います)のうち、対人賠償補償や対物賠償補償など、いわゆる主契約で定めた基本補償だけではカバーできない事故などに対応する追加の補償(これを特約と言います)をさしています。特約のうち「ファミリ...

続きを読む

Q バイク購入時にかかる諸費用と維持費とは?
カタログやWEBサイトに記載されているバイクの「車両本体価格」に加えて、実際には諸費用が掛かります。諸費用とはバイクを購入する際にかかる税金などの法定費用のほかに、新車の場合はナンバープレートを取得するための登録手数料、中古車の場合であれば...

続きを読む

Q カタログの活用方法とは?
自動車のカタログが販売店舗で入手できるように、バイクのカタログも興味を抱いたバイクを販売している店舗で入手する方法が確実です。その際、バイク本体のカタログだけでなく、そのバイクに装着できるオプション装備用のカタログも併せて入手しておくと、後...

続きを読む

Q 教習所やライディングスクールではどんなことをするの?
二輪免許は大きく分けて、大型自動二輪車(排気量400ccを超える)/普通自動二輪車(排気量400cc以下)/普通自動二輪車小型限定(排気量125cc以下)/原動機付自転車(排気量50cc以下)の4種類あり、そのうち自動車教習所で取得できる一...

続きを読む

Q バイク用のETCとは?
バイクとクルマのETCでは、同じ部分と異なる部分がそれぞれあるので注意が必要です。ETCカードは、どちらでも共通で使用できます。車載器についてはそれぞれ専用品を装着する必要があります。また、車載器にはともに「セットアップ」と呼ばれるナンバー...

続きを読む

Q リターンライダー
バイク生活から一旦、遠ざかったものの、再びバイクに乗り始めるライダーが増えてきました。こうしたライダーは“リターンライダー”と呼ばれています。久しぶりに跨がるバイクはとても魅力的で、すぐにでも走り出したくなりますが、まずは自分とバイクとの付...

続きを読む

Q バイクの種類のはどんなものがある?
バイクには目的に応じてさまざまな種類があり、それぞれに特化した開発がなされています。新聞や牛乳を運ぶための積荷スペースが確保され燃費の良いエンジンを搭載した「ビジネスバイク」や、車両重量を抑え、岩場や泥濘地の走行でも滑りにくいブロックタイヤ...

続きを読む

Q 初心者向けバイクの選び方
バイクに乗りたいと思うきっかけとなり、二輪免許取得の目標になった憧れの一台。免許を取得すると一日も早く購入したいという感情が芽生えますが、少しだけ冷静になりましょう。ひと目惚れをしたバイクを乗りこなせるように努力しようと覚悟を決めるのもひと...

続きを読む

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ