Q 初心者向けバイクの選び方

POINT

  • 軽量で乗車姿勢に無理がないモデルを選び、バイクを長く愛用する。
  • 保証システムやサポート体制などを考慮し、購入店舗は慎重に選ぶ。
  • 初心者がバイクの挙動を学ぶには新車が適切、費用面は中古車が有利。

Answer

好きや憧れだけで購入したいバイクを選ばない
好きや憧れだけで購入したいバイクを選ばない

バイクに乗りたいと思うきっかけとなり、二輪免許取得の目標になった憧れの一台。免許を取得すると一日も早く購入したいという感情が芽生えますが、少しだけ冷静になりましょう。ひと目惚れをしたバイクを乗りこなせるように努力しようと覚悟を決めるのもひとつの道ですが、それが大柄で重量のあるバイクの場合、実際に乗ってみたら自分の技量や体力では想像以上に手に余り、結局は乗り続けることが難しくなってしまうこともあります。また失意の念から、せっかく取得した二輪免許を活かせずにバイクから遠ざかってしまうというケースもあるようです。人生初のバイクは、車体が軽くて、乗車姿勢に無理がなく、楽に乗りこなせるように設計されたモデルを選びましょう。より大きくてパワフルな上位モデルを乗りこなすことを目標にしている場合でも、入門モデルで腕を磨いてからステップアップするほうが賢明です。

どんな店舗で購入するのが良いのか?
どんな店舗で購入するのが良いのか?

ひと口にバイク店といっても、メーカー直系販売店や、正規販売代理店、バイク専門販売チェーン店、個人経営店など、さまざまな形態があります。それぞれに特色がありますが、まずは自分が欲しいバイクを製造しているメーカー直系販売店を訪ねてみましょう。車種に関する情報が豊富で、試乗車の用意がある店舗も多く、購入の際に相談しやすいでしょう。また、多様な保証システムが用意されていたり、リコール対策でも素早く適切な対応が期待できたりするなど、サポート体制も充実しています。加えて、バイク店は購入後の付き合いも重要なので、なるべく自宅の近辺にある店舗を選ぶと良いでしょう。

ピカピカの新車か、リーズナブルな中古車か?
ピカピカの新車か、リーズナブルな中古車か?

人生初のバイクを新車にするか、中古車にするか、ここは大いに迷うところです。それぞれに長短があるので、比較検討して決めましょう。工場出荷状態の新車は、初心者がバイクの挙動を勉強するには適切です。あらゆるものが新品であるため消耗品の交換がなく、しばらくは大きな出費を心配せずに済みます。ただし、当然ながら法定費用なども含めて中古車よりも支払総額は高額です。中古車は支払額が総じて新車よりも安く済みます。また、走行距離を重ねているため慣らし運転の必要がなく、購入後すぐに思い切り練習できます。ただし、中古車は走行距離に応じて消耗部品が多く、場合によっては交換の必要性も発生します。また、前所有者によりバイクのパーツが交換されていたり、転倒などによるダメージを負っていたりすることもあります。中古車の状態判断は初心者には難しいので、中古車を選ぶ場合は信頼できる販売店で購入するようにしましょう。

自分にあったバイクを見つけよう

動画ID8

2014年09月現在

自分にあったバイクを見つけよう
このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1クルマのバッテリー上がりと応急処置
  2. 2あおり運転を受けたら、どうすればよいのでしょうか?
  3. 3高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  4. 4運転免許証の有効期間と更新手続きについて教えて
  5. 5車庫証明の取り方を教えてください。
  6. 6エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  7. 7走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  8. 8タイヤの空気圧点検と充填方法
  9. 9車検の有効期間は何年ですか?
  10. 10センターラインの白色の破線と実線、黄色の実線でどう違うのですか?
  11. 11交通違反の点数制度について教えて
  12. 12警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  13. 13最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  14. 14クルマの持ち主が死亡した場合、どういう手続きが必要ですか?
  15. 15エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  16. 16フロントガラスが曇る原因と、その対処法は?
  17. 17セルフスタンドでの給油の注意点について
  18. 18オーバーヒートしたと感じたらどうすればいいのですか?
  19. 19信号機のない横断歩道での交通ルールとは?
  20. 20晴天下(炎天下)のクルマの室内はどのくらい温度が高くなりますか? 夏編

このページのトップへ