Q バイクウェアの選び方

POINT

  • ライダーの安全を守るライディングウェアなど、機能的な装備を選ぶ。
  • 転倒時のダメージを最小限に抑えるプロテクターは、重要な安全装備。
  • 防水や保温に効果的な、レイングローブやブーツカバーがあると安心。

Answer

ライディングに最適なバイクウェア選びとは?
ライディングに最適なバイクウェア選びとは?

バイクに乗る際には教習時と同じく、長袖、長ズボン、グローブ、くるぶしの隠れるブーツ(革靴)というスタイルが基本です。暑い季節には素手、Tシャツ、短パンにサンダルという普段着のような恰好でバイクに乗る人も見かけますが、走行風によりTシャツがめくれ上がるなど快適性が落ちるばかりか、転倒した際、皮膚が露出していると大けがを誘発する恐れがあるため安全性の上からも絶対に止めましょう。ライディングウェアは単なるファッションではなく、ライダーの安全を守る重要な役目があり、そのための機能を備えています。初心者だからといって恰好から入ることを恥ずかしがることはありません。ベテランライダーと同じように、十分な装備をそろえましょう。基本を押さえた上で、趣味に合ったスタイルでライディングを楽しんでください。

万が一の際に身を守ってくれるプロテクターの重要性
万が一の際に身を守ってくれるプロテクターの重要性

バイク専用に設計/製造されたライディングウェアには、あらかじめ背中や肘、膝などに衝撃吸収用のプロテクターが装備されていることが多くあります。また標準で装備していなくとも、プロテクターを任意で装備できるように専用のポケットや装着用金具が付いているライディングウェアもあります。頭部はヘルメットで守られますが、万が一の事故発生時には身体を守ることも重要です。暑い季節や、近所への移動の際に、わざわざプロテクターを装着するのは面倒に思えるかもしれませんが、プロテクターは転倒時に身体へのダメージを最小限に抑えてくれる、ヘルメットと同じ重要な安全装備です。

レインウェアだけじゃない雨天時のラインディンググッズ
レインウェアだけじゃない雨天時のラインディンググッズ

バイク専用のレインウェアは、高い耐水性や防水機能、蒸れ防止の透湿素材やベンチレーションに加えて、ライダーの動きを邪魔しない立体裁断や走行時のバタつきを抑える袖口加工タブなど、雨天でも走行に専念できるようにさまざまな工夫が盛り込まれており、一般的な雨具よりも高機能です。レインウェアのほか、手を濡らして冷やさないようにレイングローブをセットにして用意しておきましょう。このほか、ブーツを雨から守るブーツカバーを装備しておくと足元が濡れないほか、革靴の場合は皮革の保護にもなります。レインウェアは古くなると機能も低下しますので、市販の防水スプレーを塗布するか、それでも防水性が保てない場合は買い換えを検討しましょう。

2014年09月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

掲載を希望される項目がありましたら、こちらからご連絡ください。

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1高速道路で目的のICを行き過ぎてしまったらどうする?
  2. 2エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  3. 3クルマのバッテリー上がりと応急処置
  4. 4車検の有効期間は何年ですか?
  5. 5異音からトラブルを発見するには?
  6. 6高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  7. 7警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  8. 8タイヤの空気圧点検と充填方法
  9. 9ナンバープレートの表記・文字は何を意味しているのですか?
  10. 10走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  11. 11最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  12. 12チャイルドシートは何歳まで装着すればいいのですか?
  13. 13エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  14. 14高速道路で事故や故障が発生したらどうすればいいのですか?
  15. 15FF、FR、4WD…駆動方式の違いについて知りたい
  16. 16夜間走行時のヘッドライトはハイビームが基本?
  17. 17クルマが冠水・浸水してしまったら?
  18. 18自賠責保険の名義変更はどうすればよいのですか?
  19. 19晴天下のクルマの室内はどのくらい温度が高くなりますか? 夏編
  20. 20渋滞を避けるポイントとは?

このページのトップへ