Q 乗る前に運行前点検

POINT

  • 125㏄超のバイクの使用者には、1日1回の運行前点検の義務がある。
  • ブレーキ、タイヤ、灯火類、燃料の不具合は、安全のために特に注意。
  • 正しい扱い方や点検方法が記載された取説を、必ず読んで把握する。

Answer

『ネン ・ オ ・ シャ ・ チ ・ エ ・ ブ ・ ク ・トウ ・ バ ・シメ』とは?
『ネン ・ オ ・ シャ ・ チ ・ エ ・ ブ ・ ク ・トウ ・ バ ・シメ』とは?

2007年4月の道路運送車両法改正で、バイクの点検整備の制度も変わりました。それまで総排気量125cc超のバイクの使用者は、1日1回の運行前点検を義務付けされていましたが、現在では使用者自身の判断で適切な時期に日常点検を行うことになっています。ロングツーリング前や洗車時などに行うと良いでしょう。日常点検の項目を覚えやすくした合言葉が『ネン ・ オ ・ シャ ・ チ ・ エ ・ ブ ・ ク ・トウ ・ バ ・シメ』です。「ネン」は燃料、「オ」はオイル、「シャ」は車輪(タイヤ)、「チ」はチェーン、「エ」はエンジン、「ブ」はブレーキ、「ク」はクラッチ、「トウ」は灯火類、「バ」はバッテリー・ハンドル・バックミラー、「シメ」は各部締め付けです。

最低限でも『ブタと燃料』!?
最低限でも『ブタと燃料』!?

乗車前に日常点検をする時間がない場合に、最低限の点検個所を合言葉にしたのが『ブタと燃料』です。「ブ」はブレーキ、「タ」はタイヤ、「と」は灯火類、「燃料」はガソリンです。この4カ所は、不具合があれば事故につながる恐れのある大事なところです。ブレーキの効きやブレーキフルードの量は適切か、タイヤの空気圧は規定値か、タイヤの溝は十分で損傷はないか、ウインカーやライトはきちんと点灯するか、ガソリンは走行する距離を考えて十分に入っているか、自分自身の安全を守るためにも、走行前に確認しておきましょう。

事前に確認しておきたい付属の取り扱い説明書
事前に確認しておきたい付属の取り扱い説明書

初めてのバイクを運転する前には、必ず付属の取扱説明書を確認しましょう。取扱説明書が手元にない場合は、メーカーのホームページからダウンロードできる場合もあるので確認してください。その際は愛車の年式を確認し、必ず該当するものを選びましょう。年式が分からない場合は、購入店に持ち込むなどして確認します。取扱説明書には、バイクの正しい取扱い方や点検方法など、重要な情報が記載されています。また、メーカーが独自に用意した装備品の使用方法や機能の操作方法なども、取扱説明書を一読して把握します。日常点検も各部の場所が明記されている取扱説明書を参照しながら行うと良いでしょう。

2014年09月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1クルマのバッテリー上がりと応急処置
  2. 2あおり運転を受けたら、どうすればよいのでしょうか?
  3. 3高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  4. 4運転免許証の有効期間と更新手続きについて教えて
  5. 5車庫証明の取り方を教えてください。
  6. 6エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  7. 7車検の有効期間は何年ですか?
  8. 8走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  9. 9センターラインの白色の破線と実線、黄色の実線でどう違うのですか?
  10. 10タイヤの空気圧点検と充填方法
  11. 11交通違反の点数制度について教えて
  12. 12警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  13. 13最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  14. 14フロントガラスが曇る原因と、その対処法は?
  15. 15クルマの持ち主が死亡した場合、どういう手続きが必要ですか?
  16. 16エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  17. 17信号機のない横断歩道での交通ルールとは?
  18. 18オーバーヒートしたと感じたらどうすればいいのですか?
  19. 19セルフスタンドでの給油の注意点について
  20. 20晴天下(炎天下)のクルマの室内はどのくらい温度が高くなりますか? 夏編

このページのトップへ