Q 林道走行の注意点

POINT

  • 事前にバイクを整備し、ルートも確認して余裕をもった計画を立てる。
  • 通行車両の少なさから油断せず、左側通行を心掛け、対向車に注意する。
  • 止血や骨折時の応急処置を身につけ、事故発生時は二次事故を防止する。

Answer

オフロードバイクで林道に入る前に
オフロードバイクで林道に入る前に

オフロードバイクでの林道走行は、山登りに似ているところがあります。ゆえに、山登りと同じくリスクへの備えが肝心です。林道は原則的には林業用の道路なので、一般道に比べると急勾配や急カーブが多く、ガードレールやカーブミラーなどが設置されていない場所も見受けられます。また、未舗装路で、わだちの深い悪路が多く、落石や倒木などの危険もあります。加えて都市部から離れていることから、トラブルに遭って救援を呼ぶには通常よりも多くの時間を必要とします。
悪路では路面の凹凸により車体への衝撃が多く、故障のリスクも高くなります。そのため、事前にバイクをしっかり整備しておきましょう。ルートも事前に確認しておくと良いでしょう。管轄する林道の通行規制等の情報をウェブサイトで公開している県や市もあります。おおよその距離を把握して給油のタイミングなども考え、余裕をもって計画してください。
 また、ライダーはしっかりとプロテクターを装着してください。胸部や脊椎だけでなく、肩や肘、手首、膝、足首などの関節部分を保護しておけば、転倒による大怪我のリスクを低下させることができます。山登りと同じく天候判断も重要です。悪天候であれば災害発生の危険も高いので、潔く林道走行を諦めましょう。山中では天候の急変化にも注意してください。春先や秋口でも降雪したり、路面が凍結したりすることがあります。無理をしないことが肝心です。

林道走行する際の注意点

林道走行で何より困るのが、ガス欠です。林道に入る前に最寄りのスタンドで満タンにしておきましょう。ガソリン残量を考え、走行可能距離を把握しておくことが大事です。林道で迷ってしまったり、道路崩落のため引き返すことになったりした場合など、予定よりも多くの距離を走る場合も想定しておきます。また、林道では登り勾配がきつい路面や砂利道などにより、燃費数値が舗装路での走行時よりも悪くなる傾向にありますので、その点も考慮します。
林道では速度は控えめに走ります。未舗装路は舗装路よりも制動距離が長くなり、速度が上がれば転倒や崖落ちなどのリスクも上がるためです。通行車両が少ないからと油断せず、左側通行を心掛け、対向車に十分注意してください。ただし、路肩に寄りすぎると側溝に落ちてしまう可能性があるため注意が必要です。林道では速度は控えめに走ります。未舗装路は舗装路よりも制動距離が長くなり、速度が上がれば転倒や崖落ちなどのリスクも上がるためです。通行車両が少ないからと油断せず、左側通行を心掛け、対向車に十分注意してください。ただし、路肩に寄りすぎると側溝に落ちてしまう可能性があるため注意が必要です。
また、林道では林業関係者や地元関係者の通行が優先です。さらに、ハイカーなどの歩行者もいますので、歩行者がいる場合は砂埃や石を跳ね上げないようゆっくり走ります。通行禁止の標識が出ている場合は、それに従いましょう。ゲートやチェーンで封鎖された出入口を無理にこじ開けて通行するのは厳禁です。

イメージ画像 イメージ画像

アクシデントに遭遇した場合

林道ではパンクのリスクも高まります。パンク修理キットは必ず携行しておきましょう。転倒時のトラブルに備え交換用のクラッチ/ブレーキレバー、プラグなども用意しておくと安心です。何らかの事故が起きた場合は携帯電話で救援を呼ぶことになりますが、山奥では電波が届かず、携帯電話が使えないこともあります。その場合は電波が通じる場所まで徒歩で向かうか、通行する他の車両に助けを求めることになります。救急車やレッカーなど救援の到着までにはかなりの時間がかかることが予測されるため、もしもの場合に備えて止血や骨折時の応急処置などを覚えておくと役立ちます。
 事故発生時は、二次事故防止のために後続車への合図も忘れず行ってください。また、自分の運転技術では対応できないほど路面状況が厳しくなった場合は、無理をせず他へ迂回するか、引き返しましょう。初心者は単独ではなく、出来ればベテランや仲間と林道走行へ出かけることをおすすめします。仲間がいればトラブルの対処もいろいろと出来るので安心です。

イメージ画像 イメージ画像

2014年12月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

掲載を希望される項目がありましたら、こちらからご連絡ください。

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1高速道路で目的のICを行き過ぎてしまったらどうする?
  2. 2エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  3. 3クルマのバッテリー上がりと応急処置
  4. 4車検の有効期間は何年ですか?
  5. 5異音からトラブルを発見するには?
  6. 6高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  7. 7警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  8. 8タイヤの空気圧点検と充填方法
  9. 9ナンバープレートの表記・文字は何を意味しているのですか?
  10. 10走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  11. 11最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  12. 12チャイルドシートは何歳まで装着すればいいのですか?
  13. 13エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  14. 14高速道路で事故や故障が発生したらどうすればいいのですか?
  15. 15FF、FR、4WD…駆動方式の違いについて知りたい
  16. 16夜間走行時のヘッドライトはハイビームが基本?
  17. 17クルマが冠水・浸水してしまったら?
  18. 18自賠責保険の名義変更はどうすればよいのですか?
  19. 19晴天下のクルマの室内はどのくらい温度が高くなりますか? 夏編
  20. 20渋滞を避けるポイントとは?

このページのトップへ