の検索結果 ( 42件)

夜間走行時のヘッドライトはハイビームが基本?
ヘッドライトには、通常、ロービーム、ハイビームが備えられています。道路運送車両法等では、ロービームの正式名称は「すれ違い用前照灯」、ハイビームは「走行用前照灯」とされ、その照射距離は、ロービームは前方40m、ハイビームがその倍以上の前方10...

続きを読む

フロントガラスが曇る原因と、その対処法は?
雨の多い季節や冬場に、クルマのフロントガラスが曇ることがあります。曇りがひどい場合は前方視界が悪化し、歩行者や自転車などの発見が遅れることも考えられます。危険を伴うことがあるので、できるだけ早く曇りを除去するように心がけたいものです。

続きを読む

クルマが冠水・浸水してしまったら?
クルマはある程度の冠水や浸水に耐えられるように設計されています。豪雨などによって発生した水深のある冠水路を走行することができるのはそのためです。しかし、一般的に走行可能とされる水深は、乗用車であればドアの下端、つまりクルマの床面が浸からない...

続きを読む

猫がエンジンルームに入ることを知っていますか?
エンジンルームに猫が侵入していることに気づかず、エンジンをかけてしまう。そんないたましい事故が起こることがあります。これに起因したJAFロードサービスの出動例も少なくありません。
猫は暖かい場所や狭い場所を好みます。駐車している...

続きを読む

なぜ信号機は赤黄緑の3色が使われているの?
世界で最初の交通信号機(以下、信号機)は、イギリスのロンドン市内で馬車の交通整理のため、1868年にガス灯火式の信号機が設置されました。確かな記録は残っていませんが、このときの信号機は、使用する色も含めて鉄道の信号機を原型にしていたと考えら...

続きを読む

バッテリー上がりの原因と症状、点検方法とは?
バッテリー上がりの原因で多いのが、ライト類や室内灯の消し忘れです。バッテリーはエンジンを掛けることで充電されます。エンジンを停止した状態でライト類や室内灯、ウインカーなどを点け続けると、車載しているバッテリーに充電されないまま、どんどん蓄え...

続きを読む

高速道路を走る前にチェックしておきたい点検ポイントとは?
高速道路を走行するときには、一般道と意識を変え、事前に何点か確認しておくべきことがあります。まず、車両のトラブルによって高速道路上で停止するようなことがないように、

1:燃料の量は十分か
...

続きを読む

の日に増えるのはどんな事故ですか?
雨の日の運転は、視界が悪いだけではなく、路面が滑りやすくなっているため、晴天時よりも慎重に運転する必要があります。首都高速道路株式会社の調査によると、雨天時の時間当たりの事故件数は、晴天時と比較し、約5倍も高くなっているといわれています。さ...

続きを読む

車内に用意しておきたい防災用品とは?
運転中に巨大地震などの自然災害が発生したときは、クルマを安全な場所に止め、車載テレビやラジオ、スマートフォンなどで情報を収集し、その後の行動を冷静に判断しましょう。クルマのトランクや車内に防災用品を常備しておけば安心感が高まります。ただし、...

続きを読む

天時のスリップ事故を防止するポイントはなんですか?
首都高速道路株式会社の調査によれば、雨天時は晴天時の約4倍も事故が起こりやすくなっていることが判明しています。原因別にみると、雨天時は「スリップによる事故」と「視界不良による事故」の2パターンの事故が多く、とくにスリップによる事故が多発。雨...

続きを読む

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ