Q 大雨の最中やそのあとに気を付けて走行した方がいい場所は?

POINT

  • アンダーパスなど周囲より低い場所の走行や駐車は避ける。
  • 河川の周囲を走行しているときは川の水位や流れに注意する。
  • 土砂災害を避けるため、海岸沿いやがけのそばの走行は避ける。

Answer

大雨時、高架下やアンダーパスなど周囲より低い場所は避ける
大雨時、高架下やアンダーパスなど周囲より低い場所は避ける

ドライブ中に大雨に遭遇した時は、ドライバーも視界が悪く、歩行者にとってもクルマに気づきにくく事故が起きやすい状況なので、より安全な運転を心がけましょう。
ゲリラ豪雨や台風では大量の雨が降るため、道路の冠水や急な川の増水、土砂災害が起こりやすくなっています。冠水などによる被害を避けるには、高架下や立体交差のアンダーパスなど周囲より低い場所を避けることが必要です。浸水の恐れが想定される場合は、地下など低い場所での駐車にも注意しましょう。
アンダーパスなどの冠水した道路では、見た目で水深を判断することが難しく、推測で走行してしまうとクルマが浸水する危険があります。絶対に進入せずに迂回しましょう。走行できそうな浅い水深であっても、路面状況がわかりにくいので排水溝への脱輪や段差への乗り上げなどの危険があります。

川沿いの道路などを走行しているときは、川の急な増水にも注意
川沿いの道路などを走行しているときは、川の急な増水にも注意

また、川沿いの道路など河川の近くを走行しているときは、川の急な増水に注意してください。水かさが増える、濁ったり枝などが流れてきたりするときは危険です。上流で降った雨により急に増水することもあります。国土交通省が局所的な冠水の可能性がある道路の危険個所をホームページで公開しているほか、各自治体でも浸水害の予想区域などを示したハザードマップを作成しているので、大雨の際に冠水・浸水の危険があるルートをあらかじめ把握したり、より安全な場所に避難する必要があります。

土砂災害で道路が寸断された場合、山間部では孤立の恐れも
土砂災害で道路が寸断された場合、山間部では孤立の恐れも

海岸沿いや山間部などを走行する時は、走行ルートや外出先に土砂災害危険箇所*1等がないかあらかじめ確認しておきましょう。特に天気予報で大雨などの警報が発表された場合、土砂災害の危険も高まります。土砂災害によって道路が寸断された場合、山間部では孤立する恐れもあります。救援を待つ間のために、携帯電話の充電器や防災用品を準備しておくとよいでしょう。
大雨などの予報が出た時は、外出はできるだけ控えることが大切です。必要に迫られてクルマで出かけざるを得ない場合には、ハザードマップや気象情報を確認し、より安全な経路や時間を選択するなど、危険を回避することが重要です。

*1 国土交通省「各都道府県が公開している土砂災害危険箇所と土砂災害警戒区域」

2017年11月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1クルマのバッテリー上がりと応急処置
  2. 2あおり運転を受けたら、どうすればよいのでしょうか?
  3. 3高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  4. 4運転免許証の有効期間と更新手続きについて教えて
  5. 5車検の有効期間は何年ですか?
  6. 6車庫証明の取り方を教えてください。
  7. 7エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  8. 8センターラインの白色の破線と実線、黄色の実線でどう違うのですか?
  9. 9交通違反の点数制度について教えて
  10. 10フロントガラスが曇る原因と、その対処法は?
  11. 11最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  12. 12タイヤの空気圧点検と充填方法
  13. 13クルマの持ち主が死亡した場合、どういう手続きが必要ですか?
  14. 14走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  15. 15エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  16. 16警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  17. 17夜間走行時のヘッドライトはハイビームが基本?
  18. 18信号機のない横断歩道での交通ルールとは?
  19. 19運転免許にはどんな種類と区分があるのですか?
  20. 20保険金が支払われないことがある場合とは?

このページのトップへ