Q エンジンがかからないときは?

POINT

  • AT車はシフト位置を確認し、MT車はクラッチペダルを床まで踏みこむ。
  • 電子キーが電池切れや電池残量が少ないなら、内蔵の予備キーで始動。
  • ハンドルを左右に動かしてハンドルロックを解除し、再始動を試みる。

Answer

ブレーキペダルを強く踏み込んでみましょう
ブレーキペダルを強く踏み込んでみましょう

クルマの故障ではないのに、エンジンがかからないことがあります。AT車の場合、最初にブレーキペダルを踏む必要があります。なお、ブレーキペダルの踏み込みが弱いためにエンジンがかからないことがあります。また、シフトレバーの位置(ポジション)を確認しましょう。AT車ではシフトレバーが「P」「N」以外に入っているとエンジンが始動できません。ブレーキペダルを踏み込みながらエンジンスタートスイッチを押してエンジンを始動させましょう。
なお、クラッチペダルがあるMT(マニュアル・トランスミッション)車では、クラッチペダルを床までしっかり踏みこみながらエンジンを始動させましょう。

電子キーの電池切れを確認しましょう
電子キーの電池切れを確認しましょう

電子キーの電池切れや電池残量が少ないことで、エンジンがかからないことがあります。電池が切れるとドアのロックも解除できないので、車内には入れません。電子キーの電池切れによってドアが開かないときは、電子キーに内蔵されている予備のキーを取り出し、鍵穴に差し込んで手動でドアを開けることができます。また、電池が切れていても、電子キーでエンジンを始動することができます。一般的には、ブレーキペダルを踏みながら、電子キーをエンジンスタートスイッチ付近に近づけてから一定時間以内にエンジンスタートスイッチを押せばエンジンを始動することができます。この電子キーが電池切れした際の操作方法は車種によって異なるので、必ず取扱説明書で確認してから操作しましょう。

ハンドルロックを確認しましょう
ハンドルロックを確認しましょう

ハンドルロックがかかっていると、エンジンが始動できない場合があります。ハンドルロックとは自動車盗難対策の防犯機能のことで、キーを抜いたままハンドルを回すとロックがかかり一定範囲以上は回らなくなる機能です。ハンドルロックを解除するには、キーを鍵穴に差して回しながら、ハンドルを左右に動かします。
エンジンスタートスイッチを押すタイプのクルマでも、ハンドルを左右に動かしながら、エンジンスタートスイッチを押すとハンドルロックは解除されます。

2015年11月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1運転免許証の有効期間と更新手続きについて教えて
  2. 2運転免許にはどんな種類と区分があるのですか?
  3. 3クルマのバッテリー上がりと応急処置
  4. 4引っ越して住所が変わったら免許証を書き換えるのですか?
  5. 5車庫証明の取り方を教えてください。
  6. 6センターラインの白色の破線と実線、黄色の実線でどう違うのですか?
  7. 7高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  8. 8フロントガラスが曇る原因と、その対処法は?
  9. 9クルマの持ち主が死亡した場合、どういう手続きが必要ですか?
  10. 10エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  11. 11車検の有効期間は何年ですか?
  12. 12タイヤの空気圧点検と充填方法
  13. 13原動機付自転車の右折方法とは?
  14. 14最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  15. 15エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  16. 16高速道路で逆走車に遭遇した際の対処方法は?
  17. 17クルマにかかる税金にはどんなものがありますか?
  18. 18高速道路(高速自動車国道)と自動車専用道路の違いとは?
  19. 19乗用車用のアルファベット入りナンバープレートとは?
  20. 20走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?

このページのトップへ