Q スマートキーが壊れた時、ドアはどうやって開ける? エンジンのかけ方は?

POINT

  • スマートキーには、非常用のメカニカルキー(金属製キー)が内蔵されている。
  • スマートキーのトラブルの原因のほとんどは、内蔵電池の消耗によるもの。
  • 近くにテレビ塔や、発電所、放送局など強い電波を発生する設備がある場合、電波障害などの影響でスマートキーが正常に作動しなくなる場合がある。

Answer

スマートキーが壊れた時の対処方法

携帯しているだけでクルマの開錠や施錠からエンジン始動までを、キーに触れずに行えるスマートキー。その利便性の高さから急速に普及し、今や珍しいものではなくなりました。しかしながら、特別な操作を必要としない簡単さから、電池切れになどによって開錠ができないトラブルに遭遇すると、対応に困ってしまうケースも多いようです。今回は、スマートキーが正常に作動しなかった場合の対処法を紹介します。

一見、鍵がないように見えるスマートキーですが、実は、非常用のメカニカルキー(金属製キー)が内蔵されています。そのメカニカルキーは、スマートキーに備わるボタンやスライドロックを操作することで、簡単に取り外せるようになっています。そのメカニカルキーを運転席側にある鍵穴に差し込んで回せば、ドアの開錠ができます。その際、車種によっては警報音が鳴る場合もありますので、落ち着いて対処しましょう。


スマートキーが正常に作動しない時のエンジンのかけ方

ドアを開けて運転席に座ったら、シフトポジションが「P(パーキング)」であることを確認。ブレーキペダルを踏みながら、スマートキー本体をプッシュ式のエンジンスタートスイッチに接触させます。すると、クルマがスマートキーを認識してくれます。

その状態で、エンジンスタートスイッチを押せばエンジンが始動します(※ハイブリッド車の場合はシステムが起動)。警報音が作動した車は、エンジン始動と共にOFFになります。なお、エンジンを切る時の操作方法は、通常時と変わりません。気をつけて欲しいのは施錠の時です。ドアを閉める際、再度メカニカルキーを使用しますので、忘れずにロックしましょう。

操作手順

①シフトポジションが「P(パーキング)」にあることを確認します。

②ブレーキペダルを踏み込みます。

③スマートキーをエンジンスタートスイッチに接触させます。(車両がスマートキーを認識すると、車種によってインパネに表示灯が点灯したり、警報音が鳴る場合があります)

④ブレーキペダルを踏み込んだまま、エンジンスタートスイッチを押します。エンジンが始動します。

※手動で行うスマートキーの認識は、車種によってセンターコンソールにある指定位置やステアリング周囲など異なる場合がありますので、ご注意ください。スマートキーに関するトラブルの対処方法は各車両の取扱説明書に必ず明記されていますので、一度、確認しておくと良いでしょう。

トラブルの原因は電池切れがほとんど

スマートキーのトラブルの原因のほとんどは、内蔵電池の消耗によるものです。電池の種類や交換方法については、各車両の取扱説明書にも記載されていますが、交換についてはキーを分解する必要があるため、不安な方は正規販売店や修理工場に依頼すると良いでしょう。

最新のスマートキーの中にはまだ限定的ですが、電池式ではなく充電式のものもあります。その一例がBMWの液晶モニター付きのスマートキーです。充電はセンターコンソールに設けられた専用充電スペースや、スマートフォン用の非接触充電システムで行えるほか、内蔵するミニUSB経由による充電も可能です。

電池切れ以外のトラブルとしては、近くにテレビ塔や、発電所、放送局など強い電波を発生する設備がある場合、電波障害などの影響でスマートキーが正常に作動しなくなる場合があります。もし電池を交換してもスマートキーの機能が復活しないようでしたら、最寄りの自動車販売店や修理工場に相談してみましょう。


2019年10月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ