トラブル防止

Q 晴天下のクルマの室内はどのくらい温度が高くなりますか? 夏編
JAFは真夏の炎天下で車内温度がどのように変化するのか、テストを行いました。8月の晴天で外気温35℃の状況下において、昼12時から16時の4時間、車内温度を測定しました。窓を閉め切った車両(黒色のボディ)では、エンジンを停止させてわずか30...

続きを読む

Q 猫がエンジンルームに入ることを知っていますか?
エンジンルームに猫が侵入していることに気づかず、エンジンをかけてしまう。そんないたましい事故が起こることがあります。これに起因したJAFロードサービスの出動例も少なくありません。
猫は暖かい場所や狭い場所を好みます。駐車している...

続きを読む

Q 車両火災の原因は?
車両火災の原因にはさまざまな理由があります。燃料やオイル漏れに起因するものやエンジンルーム内へのウエスの置き忘れ、バッテリーのターミナルが緩むことで発生するショートによっても発火の危険性が高まります。また駐車場などでエンジンをかけたまま仮眠...

続きを読む

Q セルフスタンドでの給油の注意点について
自動車の燃料として使用されているガソリンはマイナス40℃という低温でも気化(気体となること)する非常に爆発性の高い物質です。気化したガソリンは空気より重たいため、地面周辺やくぼみなどにたまりやすく、離れたところにある火元によって引火する可能...

続きを読む

Q 野生動物と遭遇、衝突したら
道路上で発生するクルマが関係する野生動物の死亡事故を「ロードキル」と言います。動物の生息域に道路が整備されたことが発生原因の主な理由です。野生動物が道路上に出没する危険が高い道路には、ドライバーへの注意喚起のために「動物が飛び出すおそれあり...

続きを読む

Q 電子キーの電池切れの注意点とは?
クルマの鍵に電波の発信機を組み合わせ、鍵にあるボタンを押すことでドアロックの施錠や解錠ができる「リモコンキー」はすでに一般的な装備品のひとつですが、さらにここ数年の技術進化によってリモコンキーは「電子キー」へと高機能化が進んでいます。

続きを読む

Q タイヤ空気圧が適正でないとどんなトラブルがおきがちですか?
タイヤは内部に入れられた空気の圧力で形を保っていますが、この空気圧はタイヤの性能、ひいてはクルマ全体の性能に大きな影響を及ぼします。空気圧は高すぎても低すぎてもトラブルの原因になりますので、定期的に空気圧を測定することをおすすめします。空気...

続きを読む

Q うっかりキーを閉じ込んでしまったらどうすればいいですか?
車内にキーを残したまま外に出て、うっかりドアをロックしてしまう、いわゆる「キーの閉じ込み」は、JAFロードサービスの出動件数の中でも上位にランクされる、ありがちなトラブルです。
キーレスエントリー」の普及によってドアノブでロックす...

続きを読む

Q 雨天時に初めてわかる摩耗タイヤの危険性
JAFが行ったテスト(JAFユーザーテスト)によれば、乾いた路面(ドライ路面ともいいます)では、タイヤの残り溝が新品タイヤの2分山(テストタイヤの平均溝深さ3.1mm)や、5分山(同4.7mm)でもグリップ力はおちず、直線路での制動距離(1...

続きを読む

Q 燃料残量警告灯が点いてから、どれくらい走れるの?
燃料残量警告灯が点灯しても点灯後に走れる距離は車種によって異なるため、正確には分かりません。またクルマは走行環境によって燃費が変わります。とくに高速道路走行時は、乗車人数、渋滞の有無、エアコン、走行速度、タイヤの空気圧など使用状況によって燃...

続きを読む

掲載を希望される項目がありましたら、こちらからご連絡ください。

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

このページのトップへ