Q タイヤのトラブルにはどんなものがありますか?

POINT

  • バイアスタイヤで多く発生するスタンディングウェーブと、雨天に溝が減ったタイヤで起きやすいハイドロプレーニングが代表的現象。
  • タイヤの空気が徐々に抜け、最終的にバーストを招く現象にも要注意。

Answer

タイヤのトラブルは、ブレーキのトラブルと並んで、大変危険なものです。したがって、メンテナンスにも十分な注意が大切です。タイヤの点検に欠かせないのが、摩耗とキズの有無の確認と、空気圧とエア漏れのチェックです。タイヤのトラブルでよく知られているものに、スタンディングウェーブ現象とハイドロプレーニング現象があります。スタンディングウェーブ現象は、タイヤの空気圧不足で高速走行したときに起こります。走行中のタイヤ接地部の後方にゴム部のたわみが波状に発生し、このたわみによる発熱で瞬時にバーストしてしまうというものです。この現象は、バイアスタイヤに多く発生し、ラジアルタイヤではあまり発生しません。その理由はトレッド剛性の違いによります。

ハイドロプレーニング現象は、雨天走行時にタイヤと路面との間に水の膜ができることで、ステアリング操作もブレーキも効かなくなってしまう現象です。溝の減ったタイヤや、十分に溝のあるタイヤでも高速走行時には発生しやすいので、雨天時の運転には注意が必要です。これら以外にも、スローパンクチャーと呼ばれる現象があります。タイヤの空気圧が徐々に抜けていくことで、知らないうちに空気圧が低くなり、トレッドに近いサイドウォール部分に局部的なひずみが生じるものです。タイヤの温度上昇を伴い、コードが円周状に切断されて、ゴム部が帯状に剥離したようにバーストします。

また、タイヤはゴム製品のため、使用していなくても経年劣化します。溝がたっぷり残っているからといって安心するのではなく、製造から5年以上経ったものは、タイヤ販売店で使用できるかどうかの確認をしましょう。

2013年03月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

掲載を希望される項目がありましたら、こちらからご連絡ください。

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1高速道路で目的のICを行き過ぎてしまったらどうする?
  2. 2エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  3. 3クルマのバッテリー上がりと応急処置
  4. 4車検の有効期間は何年ですか?
  5. 5異音からトラブルを発見するには?
  6. 6警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  7. 7高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  8. 8タイヤの空気圧点検と充填方法
  9. 9ナンバープレートの表記・文字は何を意味しているのですか?
  10. 10走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  11. 11最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  12. 12チャイルドシートは何歳まで装着すればいいのですか?
  13. 13エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  14. 14高速道路で事故や故障が発生したらどうすればいいのですか?
  15. 15FF、FR、4WD…駆動方式の違いについて知りたい
  16. 16夜間走行時のヘッドライトはハイビームが基本?
  17. 17自賠責保険の名義変更はどうすればよいのですか?
  18. 18クルマが冠水・浸水してしまったら?
  19. 19晴天下のクルマの室内はどのくらい温度が高くなりますか? 夏編
  20. 20渋滞を避けるポイントとは?

このページのトップへ