Q 車内冷却用スプレー(火気厳禁スプレー)使用後の注意点

POINT

  • 可燃性ガスを使った冷却スプレー缶による、車内火災や爆発が増加。
  • スプレー後は車内を十分に換気し、高温の車内に缶を放置しない。
  • 可燃性ガスを使う製品は注意書きを熟読し、取り扱いに注意する。

Answer

車内における正しい冷却スプレー缶の使用方法
車内における正しい冷却スプレー缶の使用方法

ここ数年猛暑が続いていることもあり、暑くなった車内の温度を瞬時に下げられる冷却スプレー缶の人気が高まっています。手軽な価格で入手でき、暑さ対策のグッズとして取扱店舗も拡大しています。その一方で、一般的なスプレー缶と同じように可燃性の高いガスを使用していることが多いので、車内での使用には注意が必要です。実際、車内での使用が原因となる火災や爆発などの事故は年々増えてきています。

車内でスプレー缶を使用する際の注意点
車内でスプレー缶を使用する際の注意点

冷却スプレー缶の多くはLPGと呼ばれる可燃性ガスを使用しています。このLPGは空気よりも重く、車内の下方に一定時間滞留しやすいのが特徴であるため、取扱い時は火気厳禁が絶対条件です。また、衣類の内部にも入り込みやすく、さらに衣類の繊維内に残りやすい特性があります。可燃性ガスが衣類に残った状態で、車内でタバコを吸うためにライターで火をつけるとガスに引火してしまったという爆発事故が起こっています。こうした事故を防ぐためにも、冷却スプレー使用時の火気厳禁はもちろんのこと、使用後に火気を取り扱う場合は、車内のエアコンを外気導入モードにしつつ、窓を開け放った状態で走行し車内の空気を入れ換える必要があります。せっかく冷却スプレー缶で車内温度を下げたことが無駄になるようですが、可燃性ガスの引火は大変危険であるため、締め切った車内での使用には格別の配慮が必要です。このほかにも、車内が高温になり、スプレー缶自体が破裂する事故も起っています。車内の温度が40度以上になるような場所には放置せず、使用したらできる限り、車外に出しておくようにしましょう。

他のスプレー缶にも注意
他のスプレー缶にも注意

冷却スプレー缶以外にも、車用として消臭剤やガラスクリーナーなど、可燃性ガスを使用したさまざまなスプレー缶が販売されています。また、スポーツ後の筋肉疲労軽減に対処するスプレー缶なども、可燃性の高いガスを使用している場合がありますので、その場合も同様に、扱いには注意しましょう。スプレー缶に使用されるガスはLPGのほかにも、DMEと呼ばれるガスもありますが、いずれも可燃性であることには変わりありません。車内でスプレー缶を使用する場合は、使用前に必ずスプレー缶の裏にある注意書きなどを熟読する必要があります。また、車内で使用する際には注意書きに従い使用し、使用後に車内で火気を扱う場合には、換気を十分に行うなどして事故を未然に防ぎましょう。

2014年09月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1クルマのバッテリー上がりと応急処置
  2. 2あおり運転を受けたら、どうすればよいのでしょうか?
  3. 3高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  4. 4運転免許証の有効期間と更新手続きについて教えて
  5. 5車庫証明の取り方を教えてください。
  6. 6エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  7. 7走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  8. 8タイヤの空気圧点検と充填方法
  9. 9車検の有効期間は何年ですか?
  10. 10センターラインの白色の破線と実線、黄色の実線でどう違うのですか?
  11. 11交通違反の点数制度について教えて
  12. 12警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  13. 13最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  14. 14クルマの持ち主が死亡した場合、どういう手続きが必要ですか?
  15. 15エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  16. 16フロントガラスが曇る原因と、その対処法は?
  17. 17セルフスタンドでの給油の注意点について
  18. 18オーバーヒートしたと感じたらどうすればいいのですか?
  19. 19信号機のない横断歩道での交通ルールとは?
  20. 20晴天下(炎天下)のクルマの室内はどのくらい温度が高くなりますか? 夏編

このページのトップへ