Q 晴天下(炎天下)のクルマの室内はどのくらい温度が高くなりますか? 秋編

POINT

  • 秋の過ごしやすい天候でも、車内は50℃近くまで達することが判明。
  • 直射日光を受けるダッシュボード上面は、最高で65℃以上に達した。
  • 熱中症のリスクもあり、エンジンを停止させた車内にペットを残さない。

Answer

秋の車内温度の上昇には特徴があるの?
秋の車内温度の上昇には特徴があるの?

厳しい残暑も10月を迎える頃には勢いを弱めます。それと同時に、さわやかな風が吹き始める秋ですが、JAFによるユーザーテストの結果では、車内温度は秋の過ごしやすい天候でも車内温度は50℃近くにまで達することがわかりました。また、直射日光をまともに受けるダッシュボード上面の温度は日の出とともに急激に上昇し、最高で65℃以上にまで達しています。車内温度はダッシュボード上面の温度がピークとなる12時30分から2時間ほど遅れてピークを迎えることも分かりました。

車内温度の変化

ペットを車内に残しても大丈夫ですか?
ペットを車内に残しても大丈夫ですか?

行楽シーズンである秋は、クルマでの移動が多くなる時期とも重なります。また、ペットとの移動にも適した気候となるため、安全な移動に必要なペット用ケージ(かご)を車内に持ち込んでドライブに出掛ける機会が増えるかもしれません。走行中はエアコンを稼働させることで車内の温度管理がしやすい傾向にありますが、目的地途中の休憩場所に駐車する際は、環境負荷低減の観点からエンジンを停止させる必要があります。しかしながら、すべての休憩場所でペットを降ろして一緒に休憩できるとは限りません。その場合、少しの間だからといって、エンジンを停止させた車内にペットを残すことは危険です。わずかな時間でも熱中症の指標である熱中症指数が、危険レベルに達する場合があります。ペット同伴のドライブに出掛ける際は、事前にペットと一緒に休憩できるポイントを調べておきましょう。

2015年06月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  2. 2クルマのバッテリー上がりと応急処置
  3. 3車検の有効期間は何年ですか?
  4. 4高速道路で目的のICを行き過ぎてしまったらどうする?
  5. 5高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  6. 6異音からトラブルを発見するには?
  7. 7タイヤの空気圧点検と充填方法
  8. 8最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  9. 9警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  10. 10車庫証明の取り方を教えてください。
  11. 11走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  12. 12エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  13. 13FF、FR、4WD…駆動方式の違いについて知りたい
  14. 14高速道路で事故や故障が発生したらどうすればいいのですか?
  15. 15チェーン規制時はスタッドレスタイヤ装着でも走行できない?
  16. 16自賠責保険の名義変更はどうすればよいのですか?
  17. 17チャイルドシートは何歳まで装着すればいいのですか?
  18. 18雪道でスタックした場合、自力で動かす方法とは?
  19. 19夜間走行時のヘッドライトはハイビームが基本?
  20. 20スピード違反に対する行政処分とは?

このページのトップへ