Q 晴天下のクルマの室内はどのくらい温度が高くなりますか? 春編

POINT

  • 外気温20℃前後の春先でも、車内温度が50℃近くになる場合がある。
  • 脱水症状や熱中症の恐れがあり、短時間でも子供を車内に放置しない。
  • チャイルドシートの金具でのやけど、缶入り炭酸飲料の放置にも注意。

Answer

春でも車内温度はそんなに上がるの?
春でも車内温度はそんなに上がるの?

春先の気候は日差しがそれほど強くなく穏やかな日が多く、日中の最高気温は10時頃から日没まで高くても20℃を少し上回る程度の外気温です。しかし、JAFによるユーザーテストでは、そうした過ごしやすい環境であっても、窓を閉め切った車内の温度は日の出とともに上昇を続け、最高気温を記録する14時頃の車内温度は50℃近くまで上昇することが分かりました。空気の循環がない車内では日光で温められた空気が滞まり続け、思った以上に温度が上がります。さらに直射日光にさらされるダッシュボード上面では70℃以上、フロントガラス付近でも60℃近くまで上昇することがあるので注意が必要です。

少しの間なら車内に子供を残しても大丈夫ですか?
少しの間なら車内に子供を残しても大丈夫ですか?

外気温にかかわらず、車内に子供を放置するのは危険です。防犯上の問題や、短時間であっても子供の身体に深刻なダメージを与えてしまうことがあるので、車内で子供を1人にしないようにしましょう。春先でも車内は50℃近くになることもあるため、脱水症状や熱中症を招く恐れがあり、最悪の場合、死亡事故にもつながりかねません。またダッシュボード上面やチャイルドシートの金具等は70℃以上の高温となる場合があり、やけどなどに気を付ける必要があります。また、缶入り炭酸飲料やスプレー缶などを放置しておくと熱で膨張し、破裂する危険があります。車内には放置しないようにしましょう。

2015年06月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

掲載を希望される項目がありましたら、こちらからご連絡ください。

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1高速道路で目的のICを行き過ぎてしまったらどうする?
  2. 2エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  3. 3クルマのバッテリー上がりと応急処置
  4. 4車検の有効期間は何年ですか?
  5. 5異音からトラブルを発見するには?
  6. 6高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  7. 7警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  8. 8タイヤの空気圧点検と充填方法
  9. 9ナンバープレートの表記・文字は何を意味しているのですか?
  10. 10走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  11. 11最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  12. 12チャイルドシートは何歳まで装着すればいいのですか?
  13. 13高速道路で事故や故障が発生したらどうすればいいのですか?
  14. 14エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  15. 15FF、FR、4WD…駆動方式の違いについて知りたい
  16. 16夜間走行時のヘッドライトはハイビームが基本?
  17. 17クルマが冠水・浸水してしまったら?
  18. 18自賠責保険の名義変更はどうすればよいのですか?
  19. 19晴天下のクルマの室内はどのくらい温度が高くなりますか? 夏編
  20. 20渋滞を避けるポイントとは?

このページのトップへ