Q 野生動物と遭遇、衝突したら

POINT

  • シカやクマなど大型動物との衝突事故は、危険で人身事故の恐れがある。
  • 警戒標識に注意し、野生動物に遭遇しても、急ハンドルは避ける。
  • 任意保険を使うには事故証明が必要なので、警察には必ず通報する。

Answer

一般道で野生動物に遭遇したら
一般道で野生動物に遭遇したら

道路上で発生するクルマが関係する野生動物の死亡事故を「ロードキル」と言います。動物の生息域に道路が整備されたことが発生原因の主な理由です。野生動物が道路上に出没する危険が高い道路には、ドライバーへの注意喚起のために「動物が飛び出すおそれあり」という黄色地に黒線枠がついたひし形の警戒標識が設置されています。そこに描かれている動物マークはシカをはじめ、タヌキやサル、キツネ、クマなど、地域によって多種多様です。
こうした警戒標識を見たら速度を抑え、動物の飛び出しに注意して走行しましょう。なかでも、シカやクマなど大型動物との衝突事故は非常に危険で、状況によってはドライバーや同乗者が負傷する人身事故につながる恐れもあります。大型動物のロードキルが多発している地域では、自治体が事故の多い路線をウェブサイトで公開している場合もあるので、閲覧しておくと良いでしょう。

高速道路等で野生動物に遭遇したら
高速道路等で野生動物に遭遇したら

一般道同様、高速道路等も野生動物の生息域に建設されることも多いため、ロードキルが多発しています。2013年にはNEXCO東日本管内の高速道路で約18,600件のロードキルが発生し、多くの動物が犠牲になっています。最も多いのはタヌキで全体の44%を占め、次いで鳥類が27%を占めています。高速道路管理者側でも動物侵入防止柵の設置と改良、注意喚起の標識設置や道路構造物を利用した“けもの道”の確保など、さまざまな動物侵入防止対策を行っていますが、それでも万全とはいきません。一般道よりも速度が高い高速道路等では、動物との衝突や回避時に被害が大きく、深刻な事故につながる傾向があります。
警戒標識に注意し、もし野生動物に遭遇しても急ハンドルは避けてください。ブレーキで回避できない場合は、よほどの大型動物でない限りまっすぐ衝突するしかありません。事故件数の多いタヌキは夜行性動物なので、特に夜間から早朝は慎重に運転しましょう。上向きライトにすると遠方でも動物の目が光って発見しやすくなるので、状況によって上向きライトを積極的に使ってください。

野生動物と衝突してしまったら
野生動物と衝突してしまったら

野生動物と衝突してしまったときは、事故の発生を警察に連絡します。このとき、ドライバーや同乗者が負傷、もしくはガードレール等の破損や後続車との衝突などが発生した場合は、併せてその旨も伝えます。任意保険を使うには事故証明が必要となるため、警察には必ず通報しましょう。
次に、衝突した動物が生きている場合は、衛生面や安全面から素手で動物に触らないよう注意してタオルやダンボール等で保護し、動物病院や保護施設に運びます。動物が暴れたりなど保護が難しい場合は、動物病院や保護施設に連絡して指示に従ってください。基本的に治療費はドライバーの負担になります(野生動物の無償治療を行っている施設や病院もあります)。動物が死亡している場合は、素手で触れないようにして、できるだけ交通の妨げにならないよう動物を路肩に移動させます。動物は道路管理者または自治体が処理します。
なお、高速道路等や幹線道路で轢かれた動物を発見したときは、二次事故防止のためにも、道路緊急ダイヤル「#9910」に連絡してください。全国共通で、固定電話と携帯電話からの通話は無料です。野生動物との衝突事故で車両が破損した場合は単独事故扱いとなります。自賠責保険では物損は補償対象外なので、車両の修理には任意保険の車両保険を使うことになります。運転者や同乗者が負傷した場合は、人身傷害補償や搭乗者傷害で補償されます。対向車や歩行者に被害を発生させた場合も対物賠償責任保険や対人賠償責任保険などで補償されます。ただし契約内容によっては保険が使えない場合もあるので、詳細は保険会社に問合せてください。

2014年12月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1クルマのバッテリー上がりと応急処置
  2. 2あおり運転を受けたら、どうすればよいのでしょうか?
  3. 3高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  4. 4運転免許証の有効期間と更新手続きについて教えて
  5. 5車庫証明の取り方を教えてください。
  6. 6エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  7. 7走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  8. 8タイヤの空気圧点検と充填方法
  9. 9車検の有効期間は何年ですか?
  10. 10センターラインの白色の破線と実線、黄色の実線でどう違うのですか?
  11. 11交通違反の点数制度について教えて
  12. 12警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  13. 13最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  14. 14クルマの持ち主が死亡した場合、どういう手続きが必要ですか?
  15. 15エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  16. 16フロントガラスが曇る原因と、その対処法は?
  17. 17セルフスタンドでの給油の注意点について
  18. 18オーバーヒートしたと感じたらどうすればいいのですか?
  19. 19信号機のない横断歩道での交通ルールとは?
  20. 20晴天下(炎天下)のクルマの室内はどのくらい温度が高くなりますか? 夏編

このページのトップへ