Q 夏などに高温になる車内温度を最も素早く下げる方法は?

POINT

  • 窓を開けてエアコンを外気導入にして走行してから内気循環にして走行する。
  • 短時間で温度を大きく下げられると、エアコンの使用も抑えられ燃費も改善する。
  • 直射日光が当たっていた部分は高温になるため、特に金属部分にはすぐに触らない。

Answer

エアコン+走行が効果的

外気温が高くなる初夏から盛夏の季節に直射日光が当たる場所に駐車しておくと短時間でも車内が高温になります。JAFが行ったテスト※1では、「エアコン+走行」が車内温度を下げるのに最も効果的で、車内温度が55℃だったものが約5分間で28℃に下がりました。

窓を全開にしてからエアコンを外気導入にして走行 車内の熱気を出したら窓を閉め、内気循環にして冷やす

夏以外でも熱中症は引き起こされる

一方、車体に水をかける、冷却スプレーをシートにかける、ドアを開閉するなど、インターネットなどでは車内温度を下げるさまざまな方法があげられています。しかし、JAFが行ったテスト※1では、いずれも車内温度を大きく下げる効果は期待できない結果でした。
また、夏以外でも熱中症による事故※2が起きています。 JAFのテストによれば※3、22.7℃の比較的過ごしやすい外気温でも、直射日光が当たる車内はかなり熱くなります。「外は涼しいから」、「子どもが眠っているから」、「10分、20分で戻るから」と思っても、車内に子どもや高齢者を残すことは大変危険です。たとえ短時間でも車内に残すのはやめましょう。

注記
※1 JAFユーザーテスト「夏の駐車時、車内温度を最も早く下げる方法は?」
※2 子供の安全ネットワーク「埼玉での車内乳幼児死亡事故」   
※3 JAFユーザーテスト「車内温度/秋」 

2018年01月現在

このQ&Aは役に立ちましたか?

掲載を希望される項目がありましたら、こちらからご連絡ください。

※回答内容は一般的なもので、条件等により異なる場合があります。利用時の詳細はサイトポリシーをご確認ください。

Q&Aランキング(総合)

  1. 1エンジンオイルの交換時期は、どのように判断するのですか?
  2. 2クルマのバッテリー上がりと応急処置
  3. 3高速道路で目的のICを行き過ぎてしまったらどうする?
  4. 4車検の有効期間は何年ですか?
  5. 5高速道路は100km/hで走行すればよいのですか?
  6. 6異音からトラブルを発見するには?
  7. 7警告灯が点灯した場合の対処法を教えてください
  8. 8タイヤの空気圧点検と充填方法
  9. 9最高出力と最大トルクはなにが違うのですか?
  10. 10走行中にエンストする場合、どんなトラブルが考えられますか?
  11. 11FF、FR、4WD…駆動方式の違いについて知りたい
  12. 12雪道でスタックした場合、自力で動かす方法とは?
  13. 13エンジンオイルの粘度や等級(グレード)の意味が知りたい
  14. 14チェーン規制時はスタッドレスタイヤ装着でも走行できない?
  15. 15高速道路で事故や故障が発生したらどうすればいいのですか?
  16. 16チャイルドシートは何歳まで装着すればいいのですか?
  17. 17ナンバープレートの表記・文字は何を意味しているのですか?
  18. 18夜間走行時のヘッドライトはハイビームが基本?
  19. 19自賠責保険の名義変更はどうすればよいのですか?
  20. 20車庫証明の取り方を教えてください。

このページのトップへ